くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【なぜモテる?】美少女、美男子を好きになる恋愛心理を解説

f:id:kruchoro:20210915162413j:plain

 

 

美男美女がモテる理由、身体的魅力とは?

 

顔が端正とされる美男美女や肌のきれいな人、痩せていて程よい筋肉がついているスタイルの良い人など、優れた外見をもつ人は他者から見たときに魅力が感じられます。

 

このように見た目の良い人に魅了される心理効果を「身体的魅力(Physical attractiveness)」と呼びます。

 

言わずもがな、身体的魅力が高い人たちは、他の人たちに好かれやすい(モテやすい)という特徴を持っているのです。

 

今回は、美しい人たちが持つ見た目の良さが、他者に対してどれほど強力な心理的影響を持っているのか?について解説していきます。

 

異性にモテやすい性格は存在しない?

 

ハワイ大学心理学部の教授で社会心理学の専門家であるエレイン・ウォルスター博士は、男女の出会いを目的としたダンスパーティーの場を開き、752人の学生の男女を対象にお互いに初めて顔を合わせる同士を集めて、異性にモテやすい性格がどのようなものかを調べる実験を行いました。

 

パーティーの参加者たちは初めて出会った相手とのダンスの後で、ダンスデートの相手を評価するように求めました。

 

そして結果を分析してみると、「モテる性格は存在しない!」という驚きの結果が出たのです。

 

たとえば、他人と頻繁に交流する外向性が高い性格の人は、一般的にはモテる人だと考えられやすい傾向があります。

 

しかし、外向性とモテやすさの間に相関関係は存在しませんでした。

 

kruchoro.com

 

モテるかどうかはルックスがすべて

 

今回の研究結果によると、その人がモテる人物になれるかどうかは、性格よりも外見に左右されるということになります。

 

研究の結果、頭の良さや性格の良さなどのほかの魅力があるのにかかわらず、どれだけ好かれているか、どれだけまた付き合いたいと思っているか、どれだけ実際にデートに誘われているかを決定する最大の要因は、単にその人がどれだけ身体的な魅力を持っているかということでした。

 

つまり、参加者のデート相手への好感度を決定する唯一にして最も重要な要素は、デート相手の身体的魅力だけだったのです。身も蓋もない話ですね。

 

魅力的な人は求める相手のレベルも高い

 

分析結果では、男女で共に、学業成績や性格よりも、見た目が美しい人ほど相手に好意をもたれやすく、後のデートを希望されやすいことが明らかになりました。

 

また、他者からの評価が高い魅力的な人ほど、デート相手に対して厳しい評価をしていることがわかりました。直感的にもわかると思いますが、美男美女に好かれるためのハードルは高いのです。

 

さらには、魅力度が高い人ほど、自分と同じレベルの相手とのデートであっても、デートの満足度が低くなってしまうこともわかりました。

 

どうやらルックスの良い人はモテるのですが、それで恋人の基準が高くなりすぎるがゆえに恋愛面で満足しにくい傾向があるようです。

 

美男美女とのデートは特に楽しく感じる心理

 

しかし一方で、男女ともに、デート相手の身体的な魅力度が高い方がデートの満足度が高くなることがわかりました。

 

ルックスの良い人とのデートは一段と楽しく感じるものなのですね。

 

身体的な魅力は、デートを楽しんだり、一夜を共にしたり、次また会うかどうかを決めるうえで最も重要な要素です。知性や性格よりも、見た目が重要だったのです。

 

これは、恋愛において、個人の性格よりも外見的な魅力のほうが大きな影響力を持っていることを示す研究結果です。

 

kruchoro.com

 

見た目が良い人がモテる3つの理由

 

これほどまでに身体的魅力が強力な影響力として働く心理的な理由として、ウォルスター博士は3つの要因を挙げています。

 

  1. 身体的魅力の高い人は他にも良い特性を持っているだろうという固定観念が働く(ハロー効果)
  2. 身体的魅力の高い人と一緒にいることで、自分も周りの人から好意的に評価されるだろうという思惑が働く(連合の法則)
  3. 身体的魅力の高い人といることが耽美的な満足をもたらす(美しさに対して満足感を得られる)

 

このような傾向は、異性間だけでなく同性間においても確認されています。つまり、恋愛だけではなく、あらゆる人間関係を築くうえで見た目は重要なのです。

 

友人関係として考えても、見た目の良い人のほうがモテるのです。

 

時間が経つにつれて見た目の影響力は薄れる

 

ただし、この研究結果のように、身体的魅力がここまで重要視されるのは、人間関係が形成される初期段階でのみの場合であることもわかっています。

 

付き合いが長くなってくると、私たちは相手の性格や行動など、ほかの個人的な部分を重要な要素として認識するようになります。

 

つまり、相手のことをよく知らないときには、私たちは相手の顔やスタイルを見て付き合うかどうか決めてしまう傾向があるのです。

 

しかし、本当に重要なのは、誰でも知っていますが、見た目以外のことです。

 

追跡調査では、お互いに同じような魅力評価を持つカップルの方が、魅力度が異なるカップルよりも、付き合いを長く続ける可能性は高いことが判明しています。

 

もちろん、外見が良いに越したことはありませんが、相手と付き合うかどうかはその人のふるまいをよく見て決める必要があります。

 

kruchoro.com

 

参考論文

 

Walster, E., Aronson, V., Abrahams, D., & Rottman, L. (1966). Importance of physical attractiveness in dating behavior. Journal of Personality and Social Psychology, 4(5), 508–516. 

https://doi.org/10.1037/h0021188

恋愛の科学 出会いと別れをめぐる心理学 Kindle版 越智啓太  (著)  形式: Kindle版

https://amzn.to/38AWlma