くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

疲れた時に食べると元気&幸せになる食べ物

f:id:kruchoro:20210129185007j:plain

 

 

ストレスに強くなる健康食品

 

今回は、ストレスについて研究しているヒューストン・バプティスト大学のドニ・ウィルソン博士がおすすめする疲れた時やストレスを感じた時に食べると良い食品を紹介していきます。

 

ここで紹介している食品を食べることで脳内に幸せホルモンが放出されて、疲労感や不安感がやわらいでいきます。精神的に疲れた時にもぜひお試しください。

 

紹介する健康食品は8つあります。

 

ナッツ類

 

アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツなどを食べることで、これらの食品に含まれる油が脳内のストレスホルモンを抑制し、さらにはビタミンが免疫機能をアップさせてストレスに強くなります。

 

ただしカロリーが高めですので、食べすぎには注意が必要です。

 

魚類

 

サケ、サバ、ニシン、マグロ、マスなど魚に含まれているオメガ3脂肪酸にはストレスホルモンを防いでくれる効果があります。

 

また、オメガ3脂肪酸はストレスだけではなく健康にも良いので、できれば週に1回は魚を食べるなどして、定期的に摂取しておきたいところです。

 

ベリー類

 

ブルーベリー、木苺にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれていて、これらがストレスホルモンの数値を適正なレベルに落ち着けてくれます。

 

また、ベリー類に含まれているポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化や脳梗塞を防ぐほか、アンチエイジングにも役立ちます。

 

 

葉物野菜

 

ほうれん草、小松菜、ニラ、キャベツなどの葉菜類の野菜はマグネシウムが豊富です。マグネシウムはエネルギー代謝に関する生体機能に必須な栄養素というだけではなく、筋肉の緊張をやわらげてくれる効果もあります。

 

また、マグネシウム不足は、骨そしょう症、虚血性心疾患、糖尿病、うつ病などのリスクを高めることにつながります。

 

マグネシウムは不足するとまずい!くらいに覚えておいてください。

 

さらには近年では、睡眠の質やメンタルヘルスの改善にも効果があることもわかっています。

 

kruchoro.com

 

ダークチョコレート

 

こちらもチョコレートに含まれているポリフェノールが良い働きをしてくれます。

 

先ほども話した通り、ポリフェノールには抗酸化作用があるので、炎症レベルやストレスレベルを下げてくれるのです。

 

こちらもナッツ同様にカロリーは高めですので、食べすぎには注意です。

 

食物繊維が豊富な炭水化物

 

サツマイモ、オートミール、玄米などの食物繊維が豊富な炭水化物には、必須アミノ酸であるトリプトファンが含まれていまして、これが幸福ホルモンであるセロトニンを増やしてくれる効果があります。

 

しかし、これが白米やパンのような食物繊維が少ない食材になると、幸福度アップの効果は長続きしません。

 

トリプトファンを増やすのなら炭水化物のほかにも、乳製品や大豆製品もおすすめです。

 

マグロやカツオにも多く含まれているので、こちらならオメガ3も一緒に摂取できますね。

 

kruchoro.com

 

緑茶

 

こちらも健康効果が期待できるポリフェノールが豊富な食品のひとつです。

 

緑茶に含まれるカテキンが抗酸化作用をもたらしストレスレベルを下げてくれます。そして、同時にエンドルフィンやオキシトシンといった幸福ホルモンを増やしてくれます。

 

他にも、筋肉をリラックスさせてくれたり、メンタルを改善する効果もあります。緑茶はかなりおすすめの食品のひとつですね。

 

 

タンパク質

 

三大栄養素の一つであるタンパク質は、日々のストレスに対抗してくれています。

 

また、ストレスを感じると大量のタンパク質が失われるので、十分な量は確保しておく必要があります。タンパク質が足りなくなると免疫機能が下がってしまいます。

 

ほかにも食欲の暴走を抑える効果があるので、全人類におすすめの栄養です。食品ですと、卵や鶏肉がよく推奨されています。

 

カロリーの高い食品の食べすぎだけ注意

 

といった感じです。最後に紹介した8つの食品をまとめておきます。

 

  1. ナッツ類
  2. 魚類
  3. ベリー類
  4. 葉物野菜
  5. ダークチョコレート
  6. 食物繊維が豊富な炭水化物
  7. 緑茶
  8. タンパク質

 

注意すべきは、いずれもカロリーの高いナッツ、ベリー、チョコレートの食べすぎですかね。これで太ってしまうと逆にストレスが増えるので、本末転倒になってしまいますからね。

 

kruchoro.com

 

 

参考資料

 

The Stress Remedy: Master Your Body's Synergy and Optimize Your Health (English Edition) Kindle版

Dr. Doni Wilson (著)

https://amzn.to/3agA7Gb