くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

口臭対策にうがい薬(マウスウォッシュ)を使うと糖尿病になる!という研究

うがい薬は寿命を縮める

うがい薬についてはこれまでもその使い方に関して度々注意を促してきましたが、今回はうがい薬(マウスウォッシュ)を使うと、病気にかかりやすくなって寿命も縮むという恐ろしい研究を紹介します。

 

口臭予防などで現在うがい薬を使っている、これから使おうかなと考えている人は参考にしてみてください。

 

うがい薬(マウスウォッシュ)を使うと糖尿病になる!?

2017年にハーバード大学が行った研究によると、うがい薬(マウスウォッシュ)を使うで糖尿病のリスクが急激に上がってしまうということがわかっています。

 

これは太りぎみの男女1,206人を対象にした観察研究の結果から分かったことです。実験参加者たちの年齢は40〜65才で、糖尿病や心疾患に罹ってない人たちを対象に集められました。

https://kruchoro.com/post-7678/

 

うがい薬で糖尿病のリスクが55%も増える

その研究内容は、研究のスタート時に、実験の参加者が普段からどれだけうがい薬を使っているのかをチェックしまして、その3年後に彼らの健康状態がどうなっていたのかを調べたというものです。

 

普段からうがい薬を使っている人と使ってない人の違いを調べたのですね。

 

調査をした結果、うがい薬を使っていない人に比べて、うがい薬を1日に2回以上使っている人は、糖尿病が発症してしまうリスクがなんと55%も上がってしまっていたのです。約1.5倍です。

https://twitter.com/kruchoro/status/1232288635636023297

👉よかったらぜひツイッターのフォローをお願いします🙇‍♂️

 

うがい薬が病気のリスクを上げるのは間違いない

この数値は、食事、歯磨きの回数、睡眠の質、処方薬の有無、空腹時血糖値、年収などの健康に影響する他の要因を調整した上で導き出されました。なので、うがい薬が病気のリスクを上げている原因になっていることはほぼ間違いありません。

 

こうなってしまう理由は以前にも説明しました通り、うがい薬が持つ強すぎる殺菌力にあります。うがい薬で糖尿病になる科学的な解説は長くなるので次回に行います。

https://kruchoro.com/post-8130/