くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

専門職で成功できる優秀な人になるための3つのスキルを手に入れる方法

専門的な仕事で成功する

今回は、成功している専門家は普通の人とは何が違うのかを調べた心理学研究を紹介しつつ、私たちが仕事の達人になるための方法についても話していきます。

 

研究によると、専門職で成功を収めるために必要な三大条件というものがあり、これらの条件に当てはまるスキルを持っているかどうかで今後仕事で成果を上げられるかどうかが左右されます

 

今回の研究は主に専門職の人たちを分析したものですが、一般職に就いている方であってもこれからの時代に対応する必要があるため役立つ内容になっていると思います。キャリアアップやスキルアップに興味のある人は参考にしてみてください。

 

アメリカにあるシカゴ大学ビジネス学科のハイエル アイホーン博士によると、専門的な仕事でエキスパートな人材になるための条件は3つあることがわかっています。

・出世しやすくリーダーに選ばれやすい人の性格的な特徴。リーダーシップの心理学

https://kruchoro.com/post-2678/

 

仕事ができる人の三大条件

実験においてアイホーン博士は、医師などの専門的な知識とスキルを持つ職業に共通する特性を調べ、専門的な能力やスキルの向上といった目的を達成するためのノウハウを分析しました。専門職で成功を収めることができている人たちはどのように成長し、成果を挙げていったのかを調べたのです。

 

博士の研究によると、専門的な技術を扱うエキスパートたちが持つ共通のポイントは、物事を分類する能力、一貫した判断ができる能力、手に入れたすべての情報を等しく同じ方法で重み付けられる能力の3つでした。

 

  1. 物事を正しく分類できる能力
  2. 一貫した判断ができる能力
  3. 手に入れたすべての情報を等しく同じ方法で重み付けられる能力

 

つまり、対象のジャンルやカテゴリーといった種類をそれぞれの特徴に合わせて正しく分けて、状況の変化に惑わされることなく判断を下し、偏見や感情といったバイアスに左右されずに客観的に情報の価値を見極めることができる人たちが、優秀な専門家として成功するようになるのです。

 

さらに、これらの能力は誰でも正しい学習さえ行えば後天的に手に入れることが可能です。

・勉強が苦手でも楽しみながら学べる心理読書術!キュリアスリーディング

https://kruchoro.com/post-3295/

 

物事を選り分けて区別する能力

例えば、物事を正しくカテゴライズする能力は、物事の特徴を捉えて共通点を見出す思考力とそれらを事前に調べて自分が理解している情報量を増やすことによって上げることができます

 

これは単純に情報を理解する力なので、勉強を繰り返しながら論理的に物事を区別する訓練をすることで鍛えられます。受け身の状態で情報をただ取得するだけではなく、因果関係などを含めたロジカルシンキングも合わせて、自分の頭を使って学ぶことでより効率的に能力を開発することができるようになります。

・仕事がうまくいく人たちの心理的な共通点はあれだった!成功できるかどうかの半分はこれで決まる!

https://kruchoro.com/post-4287/

 

合理的な判断力

また、状況に左右されずに一貫した判断をする能力は、事前の準備とルールの制定によってコントロールすることができるようになります

 

私たちが誤った判断をしてしまうのは、自分の知らない状況に対して頭の中が真っ白になってしまうからなので、知らないことや新しいことに直面したときにはどう対処するかをマニュアル化することで、こうしたパニックによる被害を防ぐことができます。

 

また、様々な事例を学ぶことでも多様な対処法を学ぶことができます。そのような学びの過程で応用力がつき、誤った判断を下す可能性が減っていくのです。

 

他の専門家や違うジャンルで活躍する人たちの話を聞いて、彼らの考え方や結論に至るまでの思考の道筋を学ぶことでも思考の柔軟性や応用力が身についてきます。

・実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

https://kruchoro.com/post-3867/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1128593906818355200

 

偏見に惑わされない能力

最後に、情報の重み付けを間違えてしまうバイアスの問題ですが、こちらは心理学やバイアスに関する知識を身につけるだけでも抵抗力がついて客観的に物事を見定め評価できるようになることが他の心理学の研究からわかってます。

 

自分の偏った感情や思考がどういうカラクリでどういうところから発生しているのか、原因と結果を結びつけて考えられるようになることで、直感による失敗(認知のエラー)を防ぐことができるようになるのです。

 

なので、バイアスの存在を知り、人間がどのような状況のときに偏見や思い込みに左右されてしまうのかを、実際に起きた失敗の事例を学ぶことで改善することができます。

・他人から何を言われるかであなたの能力も性格も変わってしまう!

https://kruchoro.com/post-2958/

 

成功者は学習し続けている

こうして成功者の特徴を並べて見てみると、エキスパートに必要な能力というのは1にも2にも勉強していることというのがわかります。

 

逆に言うと、専門家の失敗というのは勉強不足が元で起こることが多いとも言えますので、仕事に従事している以上は、私たちは常に時代に沿った新しいことを学び続けなければならないのです。

 

また学び続けている方が心の健康にも良いですし、幸せにもなれますからね。専門家として成功だけでなく幸せな状態も目指すのなら、勉強を習慣化していきましょう。

 

勉強することは心理的にも大事なのです。学生の人もこのことはよく覚えておきましょう。

・不安に強くなるためには好奇心を持つことが大切!CQの鍛え方

https://kruchoro.com/post-3815/

専門職で成功するためには3つのスキルが必要
物事を正しく分類できる能力
一貫した判断ができる能力
情報を等しく評価できる能力
これらのスキルを身につけるためには学習し続けることが大切