くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

悩み始めたときにすぐすべきこと!悩むということは必要な知識が不足しているサイン

悩んでしまうのは知識不足のサイン

もしもあなたが今悩んでいるのなら、それは知識が不足しているサインです。

 

誰でも一度はすごく悩んだことがあるでしょう。悩むことに長い時間をかけたのにもかかわらず結局は何の解決法も答えも見つからないまま気づいたら時間だけが経っていた、というようなことを経験したことがある人もいるかと思います。そんなことは一度もないという人なんていないでしょう。

 

ここでちょっと悩んだときの記憶を思い出してみてください。悩んだことで物事が良い方に進展したことはなかったはずです。こうして悩んでいた時期を思い返すことで、悩むことに意味がないということが理解できます

 

悩んだところで結果が出ないのは、その悩み事に対する分野の知識や情報が圧倒的に不足しているからです。決してあなたの地頭が悪いわけでもわけでも、あなたがどうしようもないダメ人間だからでもありません。

https://kruchoro.com/post-4197/

 

悩み始めたら情報を集めて行動しよう

何かについて思い悩んだら、その状態であれこれとネガティブな想像をすることに時間をかけるのではなく、知識を集めることに時間をかけた方が有意義です。

 

また「これについて悩んできたから、今度時間を取ってちゃんと調べよう」と具体的な行動を当てはめて対処することで、頭の中を悩みで一杯にしてしまうことを避けることもできます

https://kruchoro.com/post-4056/

 

悩んでいるだけでは何も進まない

これとは逆に新たな知識や経験を得ようとせずにただ悩み続けることは、ポルトガル語の単語を覚えていないのにポルトガル語で書かれた本とずっとにらみ合いをしているようなものです。

 

そういうときはポルトガル語の単語を覚えるか、調べるかをするのが正しい問題解決の方法ですよね。何も学ばないままではまったく進みませんからこれでは辛いだけです。

https://kruchoro.com/post-3952/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1165962093570461696

👉いいなと思ったらツイッターのフォローお願いします🙇‍♂️

 

悩みがあるということは成長の機会

つまり、悩みを抱えているということは決して悲観的なサインなのではなく、今の状態からさらに一歩成長するためのチャンスだと捉えることもできるのです。

 

悩み事ができたときには試しに「よし、これで成長できる!」くらいに思ってみれば、悩みを持つことも楽しくなってきます。

 

悩んでいるということは知識が不足しているという心からのただの報告なのです。だから悩みがあったとしてもあなたは大丈夫です。まずは知識と情報を集めに行きましょう。

https://kruchoro.com/1059837484-2/

悩みが消えないのは知識と情報が不足しているから
悩み始めたら必要な情報を集めるようにしよう
不安を感じることは悪いことではないのできちんと行動に結びつけよう