くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【仲良しカップル】悲しみや苦痛よりも、喜びと成功を恋人と祝うことが大切

f:id:kruchoro:20210704011924j:plain

 

 

好きな人の成功を一緒に喜ぶ

 

パートナーの成果を一緒に祝うこと。この習慣の大切さは、恋愛経験のある人なら誰でもわかるかと思いますが、実はこのことを科学的に裏付けている研究結果もすでに出ています。

 

2006年に行われたカリフォルニア大学ロサンゼルス校心理学部のシェリー・L・ゲーブル、ジャン・C・ゴンザガ、 エイミー・ストラクマン博士らの研究によると、カップルはパートナーの成功や成果を自分のことのように祝うことで、より満足度の高い恋愛関係を築くことができることがわかっています。

 

好きな人がつらいときには寄り添ってあげたいと強く思うものですが、良いことが起きたときにもその人のそばで一緒に喜んであげるべきなのです。後者の方はけっこう忘れがちなことです。

 

自分がうまくいったときに、パートナーが声を大にして喜んだり熱心に応援してくれることほど嬉しいことはありませんよね。

 

親密な関係にあるカップルほど、お互いの成功や勝利を分かち合う習慣を持っているのです。

 

kruchoro.com

 

 

祝い合うことでカップルが別れる確率は下がる

 

この研究では、79組の交際中のカップルを対象に、人間関係の幸福度に関する測定値を入力した後、ビデオ撮影を行い、最近のポジティブな出来事とネガティブな出来事について交互に話し合ってもらいました。

 

その後、それぞれの話し合いにおいて、理解されていると感じたか、認められていると感じたか、気遣われていると感じたかを評価してもらい、カップルの行動を観察しました。

 

そしてデータを分析したところ、ポジティブな出来事についての話し合い、適切なリアクションを取っていたカップルは、二人の関係に対する幸福度が高く、別れるリスクも低くなることがわかったのです。

 

好きな人とは悲しみよりも喜びを分かち合おう!

 

また、ポジティブな出来事に対するリアクションは、ネガティブな出来事に対するものよりも影響力が大きいという結果も出ていました。

 

私たちは、悲しみよりも喜びについて好きな人と分かち合いたいものなのですね。

 

最初にも言った通り、ポジティブな祝い事は忘れがちになる傾向があるので、仲良しカップルを目指す人はきちんと祝ってあげる(そして祝ってもらう)ように意識しましょう。

 

例えば、恋人やあなたがテストに合格したり昇進したら、成功パーティー!みたいなものを行っていくと良いでしょう。

 

あなたや相手にとって人生の区切りとなる場面で、盛大に祝ってあげることがポイントです。

 

kruchoro.com

 

 

参考論文

 

Gable SL, Gonzaga GC, Strachman A. Will you be there for me when things go right? Supportive responses to positive event disclosures. J Pers Soc Psychol. 2006 Nov;91(5):904-17. doi: 10.1037/0022-3514.91.5.904. PMID: 17059309.

https://doi.org/10.1037/0022-3514.91.5.904