くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

【よりを戻す割合】別れた恋人と復縁をするカップルは意外と多い

f:id:kruchoro:20220131185114j:plain

 

 

失恋と復縁の心理

 

失恋の悲しみを乗り越えるのは、簡単なことではありません。

 

気持ちは傷つき、自尊心は低下し、これまでの暮らしやぼんやりと立てていた頭の中の計画についても変更を加えなければなりません。

 

ここまで失恋がつらいのは、恋人との別れを経験することで私たちのアイデンティティーが崩壊の危機を迎えるからです。

 

好きな人と別れた後、私たちは、悲しみ、苦悩といった複雑な感情をうまく処理する方法を見つけなければいけません。

 

そして、恋人から切り離された自分という存在を再構築しなければいけないのです。アイデンティティーの確立は誰にとっても大変な作業です。

 

kruchoro.com

 

つらすぎて復縁する

 

だからこそと言うべきでしょうか、私たちはしばしば以前の恋愛相手のもとに戻ってしまいます。

 

別れて数ヶ月後に復縁することもあれば、何年も経ってから、よりを戻すこともあります。

 

好きな人との復縁は珍しいことのように見えるかもしれませんが、過去に付き合っていた恋人とよりを戻すという恋愛のパターンは、実はかなり一般的なものです。

 

 

半数以上の人が復縁したことがある

 

2009年におこなわれたテキサス大学オースティン校コミュニケーション学部のレネ・M・デイリー、アビゲイル・フィエスター、ボラエ・ジン、ゲイリー・ベック、グレッチェン・クラーク博士らが、445人のアメリカの大学生を対象にした調査によれば、3分の2近くの人が元の恋人と再会してふたたび恋愛関係に戻っていることがわかっています。

 

ほかの調査結果を見てみても、半数近くの人が別れた恋人とよりを戻した経験があると答えるので、復縁する割合は一般的に考えられているよりも高いと言えるでしょう。

 

kruchoro.com

 

参考論文

 

Dailey, R. M., Pfiester, A., Jin, B., Beck, G., & Clark, G. (2009). On‐again/off‐again dating relationships: How are they different from other dating relationships?. Personal Relationships, 16, 23-47.

https://doi.org/10.1111/j.1475-6811.2009.01208.x