くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

賢く見える魔法のアイテム!評価を得るために必要なものは街中でもよく見かけるアレだった!見た目の心理学

良い人かどうかは見た目で判断される

今回はイメージ形成に役立つ心理学を紹介します。

 

人生を楽しむためには内面を磨くことが大切なのですが、人付き合いを含めて考えた場合には見た目に気を遣うことも大切です。

 

これは私たちの心理が相手の見た目で良い人か悪い人かを判断しているからです。外面は中身を映すとも言いますが、その考えに基づいた評価基準を私たちは誰もが持っているです。

 

だから、中身だけ磨いていればそれでいいということにはなりにくいのですね。そもそも見た目で誤解されていては、中身までは見てもらえませんからね。

・演技の力すごい!成功者が使う、人の心を動かし説得するための大事な話し方

https://kruchoro.com/post-2950/

 

メガネをかけるだけで賢くなった

心理学者のハミッド博士が、モデルに頼んで眼鏡をかける前後の写真を撮り多くの人に評価してもらったところ、メガネを着用することで知性に対する評価が大きく変わることがわかりました。

 

同じモデルの人にメガネをかけてもらった写真とメガネをかけていない写真を撮らせてもらい、他の人に人柄を評価してもらったところ、メガネをかけている場合には頭が良いと評価されることがわかったのです。

 

つまり、人に賢く見られたかったら単純に眼鏡をかけると良いのです。なんだかまるでギャグ漫画みたいな話ですが、社会的なイメージというのはそれくらい私たちの心に根付いているのです。

・美男美女がやることはすべて正しい!ハロー効果とは?意味・使い方・関連研究を解説:心理学用語辞典

https://kruchoro.com/post-4541/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1148800259793018881

 

場面に合わせてファッションを決める

例えば、この心理テクニックはプレゼンや成果の発表会のときに使えます。

 

自分の成果や考えを相手に伝えるときには、普段はメガネをかけていなくても、本番だけメガネをかけるようにするだけで「いつもよりちゃんとしてる感」が出せて相手を安心させることができます。あなただけではなく発表内容の評価を自体を上げるためにも使えるテクニックなのです。

 

芸能人の方でも目は悪くないのに常に伊達メガネをかけてメガネキャラとして定着している人もいますが、同じように普段から伊達メガネをつけて知的なキャラクターを演出するのもありです。

 

メガネ一つで印象を変えることができるのですから安い自己投資ですね!もちろん、就職や面接試験などの機会にも、あなたの魅力度をアップさせる心理テクニックとしても使えます。なので、知的なイメージを持たせたいときには今回のテクニックを利用してみてください。

・ずっとそばにいたいと人に思わせる!人を惹きつける魅力を持つ4つの愛されタイプとは?

https://kruchoro.com/post-4490/

メガネをかけた写真を見せただけで頭が良いと評価されるようになる
プレゼンや発表の時にはメガネをかけると良い