くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

なぜあの人は頭が固いのか?人が頑固で極端な意見を持ってしまう心理的な理由!執着心の心理学

頑固になってしまう原因

実は人が頑固な性格になってしまうのには心理的な理由があることがわかっています。

 

私たちの心には一貫性の原理という心理法則があります。この心理があるために私たちは以前に自分がとった行動や言動を守ろうとして過去の経験や行動に思考や感情が縛られてしまう傾向があるのです。

 

「前もこうしたから今回もこうしよう」と自動的に考える癖があるのですね。

 

これは自分には嘘を付きたくない、他人に嘘つきだと思われたくないという気持ちから来る心理法則なのですが、これが悪い方向に向かってしまうと他の考えを受け入れられない頑固な性格になってしまいます

 

さらにこうして一度頑固になってしまうと自分の意見を変えないというだけではなく、より極端な意見を持つようにもなるのです。

・悪者は見逃される?他人の悪事を注意する人はいない!不正に関する組織心理学

https://kruchoro.com/post-4243/

 

話せば話すほど頑固になっていく

ドイツのコンスタンツ大学に勤めるマーカスブロアー博士は、自分の意見を人に聞かせれば聞かせるほど、その意見への執着度が自分の中でどんどん高まっていくことを発見しました。

 

どうやら自分の考えや意見を他人に向けて主張すればするほど、私たちはその意見に固執して頭が固くなってしまうようです。ちょっと怖い事実ですね。ただ自己主張すればいいというものではないのです。

 

この研究で博士は、344名の実験参加者を集め、彼らを35のグループに分けました。そしてそれぞれのグループに原子力発電や減税、動物の権利といった様々なテーマについて話し合ってもらったのです。

 

トークテーマを決めてそれぞれに意見を交わして議論をしてもらい、個々人の主張や意見がその議論の中でどのように変化していくのかを調べたのです。

 

すると、ある人の発言の回数が増えれば増えるほど、その人は自分の主張している意見に固執するようになり、さらには次第に意見が極端になっていくという心理法則が見つかったのです。

・注意!言い訳すると本当にダメ人間になる!言い訳の心理的に正しい使い方

https://kruchoro.com/post-2795/

 

意見が極端になっていく心理

実験に参加した被験者たちは、発言を繰り返すうちに自分の意見を変えたくないと思うだけではなく、もっと自分の意見が大きく扱われるように主張する内容も大きくなってきたのです。

 

わかりやすく例えると、受動喫煙を防止するために喫煙室を設けようと言っていた人が、議論を交わすうちに次第に意見が大きくなり、タバコは法律で喫煙禁止にすべきだ!と主張するようになる感じです。さもありなんな話ですね。

 

政治的な発言をする人たちの中に主張や行動が過激化してしまう人がいるのは、こういう心理が影響しているのかもしれません。おそらく普及活動をしているうちに気持ちがだんだん大きくなっていくのでしょう。そしてその気持ちに応えるかのように思考も極端なものになっていくのです。

・あなたの行動は信頼している相手の言動ひとつで変わってしまう

https://kruchoro.com/post-3074/

 

自分の言葉に縛られてしまう発現効果の心理

他人に対して自分の考えを表明すると、その「自分の意見を表明した」という事実がその人自身の行動と心理を縛るようになるのです。なんだか昔話とかにありそうな話ですね。

 

博士はこのような心理傾向を発現効果と呼んでいます。これは日常の場面でも起こる心理現象ですので過激な発言をしている人は注意をしてください。気持ちがあるから言葉にして発しているのではなく、発した言葉があなたの気持ちになるのです。

 

つまり、誰かの悪口を言えばその人のことをどんどん嫌いになっていきますし、逆に好きな人の話をたくさんすればどんどんその人のことを好きになっていくということです。誰かを褒めれば良いところばかりが目につくようにありますし、逆に誰かをけなせば悪いところばかりが目に入るようになります。

 

感情的な話は自分の気持ちの中でも人と話していても盛り上がりやすいのです。片思いの人や好きな人を話題にした恋バナが盛り上がるわけですね。自分の気持ちを話しているうちに感情が盛り上がってくるので、どんどん話に花が咲くようになるのです。

・占いが当たる理由はこれ!バーナム効果、フォアラー効果とは?意味・使い方・関連研究を解説:心理学用語辞典

https://kruchoro.com/post-4537/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1156334404295434245

 

嫌いなものはより嫌いに、好きなものはより好きになる

自分の考えや気持ちを言葉に表して、他人に聞かせるということが自分の気持ちや価値観を方向付けることになるので、発言の方向性には注意を払いましょう。

 

例えば、人の話をするときはその人の良いところを話題に挙げるようにするとか、大きな意見でくくらずに小さなことにも目を向けてみるとかですね。このように会話の内容に工夫をこらすことで自分のメンタルをコントロールすることができます。ポジティブな言葉遣いをすれば性格もポジティブなものに本当になっていくのです。

 

そして、自分の心は常に自分自身の発した言葉に縛られているということも理解しておきましょう。あなたという人物はあなた自身の言葉で作られているのです。

 

ということは、あなたは普段の生活で口にしている言葉を正しく使うように心掛けることで、あなたが望んだ通り自由自在に理想的な自分を作ることができるということです。素敵な自分に成長できるようにまずは発言や言葉遣いから変えていきましょう

・想像力が高いと幸福度も高い?想像力を上げてクリエイティブな脳みそになるための科学的トレーニング方法

https://kruchoro.com/post-4356/

自分の意見を話せば話すほどその意見に固執するようになる
自分の意見を話せば話すほど意見が当初のものよりも極端なものに変化していく
人は自己主張すればするほど感情的になっていく
私たちの心と性格は私たち自身の言葉で作られている
言葉遣いを変えれば性格や行動も変えられる