くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

中小企業が大企業に勝つための科学的な方法!小さな組織の大きな力

中小企業が大企業に勝てるところ

大企業と中小企業、比べてみると直感的には大企業で働くほうがいいように思えますが、実は中小企業には大企業にはない武器があることが分かっています。

 

その武器というは戦略を練って計画を実行に移す能力です。規模の小さな組織や社会集団ほどこのプランニング能力が高く、クリエイティブなアイディアによって成功する可能性が高いのです。

 

小さな組織は小回りが利きやすいのが武器

カナダ、カルガリー大学のゴールデンバーグ博士は、小さな組織の方がプランニング能力が高いことを調査の結果突き止めました。

 

ゴールデンバーグ博士の行った調査によると、従業員が30人以下の規模の小さな中小企業の方が、規模の大きな企業よりも、小回りが利き、戦略の優位性が高く、計画次第で成功が左右されやすいことがわかっています。

https://twitter.com/kruchoro/status/1138940793685729280

👉よかったらぜひツイッターのフォローをお願いします🙇‍♂️

 

中小企業は頭を使うと成功できる

つまり、小規模な企業はアイディアや戦略次第で成功できるということです。大企業となると戦略だけではなく他の問題も伴ってきて戦略自体の重要度が下がるようですね。

 

というわけで、小さな組織を運営している経営者さんや小さな組織に属している人はぜひ戦略に関する知識を身に着けて、革新的なアイディアを武器に戦ってみてください。逆に言うと、アイディアや戦略をうまく練らないと成功することは難しいので頑張ってほしいところです。

 

これは企業だけではなく小さな組織全般に当てはまります。人が少ない組織はその機動力と革新性を活かしましょう。

https://kruchoro.com/post-5122/