「 就職・面接の心理学 」一覧

性格から成功する相手を見抜くための特徴の心理学!

性格から成功する相手を見抜くための特徴の心理学!

経済的な成功者には男っぽい性格の人が多い、と思ったことはありませんか? 実はこれ心理学的に見ても、そういう事実を示すデータがいくつか存在します。 世の中には男っぽい人、女っぽい人、中性的な人とがいますが、男性ホルモンの体内保有量によって私たちの性格や行動を分け...

心理学的に見ても太っていて良いことはない。思わず痩せたくなる心理学の話

心理学的に見ても太っていて良いことはない。思わず痩せたくなる心理学の話

多くの科学研究を見てみるに、どうやら太っていても基本的に良いことはないようです。肥満状態というのは健康に悪いのはもちろんのこと、心理的にも悪影響だったりします。 栄養学的に見ても偏った栄養補給は体のつくりを弱くしてしまいますし、太ってしまって体を動かすことが億劫にな...

礼儀正しく接することで、相手に好印象を与えることができる。売上をも上げる印象操作の心理学

礼儀正しく接することで、相手に好印象を与えることができる。売上をも上げる印象操作の心理学

礼儀正しさというのは相手に好印象を与えます。これは日本だけではなく、海外でも同じです。相手が礼儀正しいかどうかを見極める機能は、人間の普遍的な思考フィルターのひとつに組み込まれているシステムなんですね。 礼儀正しい人はきちんと相手を敬うことができます。相手を敬うとい...

話題を変えて、あなたの評価を上げる印象操作の心理学

話題を変えて、あなたの評価を上げる印象操作の心理学

「何を思うか」よりも、大切なのは「何をするか」です。 私たちは心の中で「何を思うか」よりも実際の行動に結びつく「何をするか」で自分自身や相手のイメージを形成したり、評価を決めることがわかっています。 例えば、誰かが言っていることと実際にやっていることが違う場面...

心理的に息苦しいときにやるしぐさの心理学3

心理的に息苦しいときにやるしぐさの心理学3

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回はしぐさの心理学の続き。 みんなは普段Yシャツ派かな?それともTシャツ派かな?ビジネスマンやOLの人は圧倒的にYシャツを着ることが多いかなと思います。移動時間とか含めたら仕事の時間って一日の半分近くありますものね。 ちなみに、ビジネススーツを着ていると世間的に見るとマイナスイメージの個性が隠せて仕事スイッチが入るという一方で、利己的で自分勝手な振る舞いをする傾向になってしまうという研究結果も出ていますので、仕事のときの服装が選べる人はなるべく緩いカジュアルなものを着るといいですよ。そこで表れる個性も使いようですからね。いつでもどこでもスーツでかっちりというのはつまらないものですよ。

緊張している相手を気遣うためのしぐさの心理学2

緊張している相手を気遣うためのしぐさの心理学2

相手が緊張しているかどうかというのは、その人を見るだけでなんとなく私たちはわかってしまいます。でもそれと同時に私たちは自分が緊張しているときは相手にそれが伝わらないように表現を抑えることもします。もちろん日本と海外では自分の思いを伝えることに対して違いがありますが、思っている事をなんでもかんでも相手が傷つくかどうか考えずに言ってしまう人はどこの国であっても少ないですし(喧嘩が多くては元も子もないから)、文化や人種による違いというよりは個人の経験の違いによる差が大きいと思います。

不安を感じたときに落ち着きを取り戻す方法。しぐさの心理学1

不安を感じたときに落ち着きを取り戻す方法。しぐさの心理学1

みなさんはストレスや不安を感じたときに自分がどんなしぐさや体の動きをしているか思い出せますか?ちょっと考えてみてください。自分が「こういう感情のとき、こういうことをしている」とわかっているだけでも自分の感情をすんなりとコントロールしやすくなります。 たとえば、「あんなこと言わなければ良かったのに」と自分の言った言葉を後悔してしまうといったことがよくあるんだよね、という人はストレスを感じたときの自分を意識して記憶しておくと落ち着きを取り戻しやすくなり、さらには後悔しないための対策が打てるようになるのでいいですよ。