「 フロー・マインドフルネス・集中力 」一覧

超集中状態(ゾーン)に入るために必要な条件とは?実生活でも使えるスポーツ心理学

超集中状態(ゾーン)に入るために必要な条件とは?実生活でも使えるスポーツ心理学

集中することが難しいときに集中する技術 今回は超集中状態に入るためのコツをスポーツ心理学の研究を参考にして解説していきます。引用はスポーツ心理学ですが、実生活にも十分通用するアドバイスが載っております。 スポーツの試合や競技では、自分だけではなく周りを人に囲まれ、声援...

やってもやっても不安が消えない理由!仕事は終わりを作らなければ一生終わらない

やってもやっても不安が消えない理由!仕事は終わりを作らなければ一生終わらない

終わりを作ることが大切な心理的な理由 先延ばしをする人や完璧主義の人には悪い共通点があります。それは、作業の終わりを決めていない。ゴールの設定をしていないということです。 またこれは、仕事や作業にストレスや恐怖を感じてしまう心理的な理由でもあります。 なかなか作...

時間がないのは本当は良いこと!?少ない時間をうまく使えるようになる心理テクニック

時間がないのは本当は良いこと!?少ない時間をうまく使えるようになる心理テクニック

時間が少ないことのメリット 時間がないことに焦りを感じたり不満を持つ人は多いかと思いますが、実際のところ、時間がないという状況すら私たちは考え方次第でプラスに変えられることがわかっています。 例えば、無限に時間があったら、選択肢が多すぎるのでその時間を使って何をしよう...

パニックになった心を落ち着かせるための心理テクニック!小説家のように考える I think法

パニックになった心を落ち着かせるための心理テクニック!小説家のように考える I think法

実況中継で心を冷静な目で見つめる 自分に対する意識を高めて客観的な目線で自己分析をするためには、I think法というトレーニング方法を使うといいです。 この方法は冷静さを取り戻す時にも使えます。 例えば「私は暑いと思った」というような感じで自分の気持ちや考えた...

緊張しても大丈夫!プロのスポーツ選手が使う5つのメンタルコントロール術

緊張しても大丈夫!プロのスポーツ選手が使う5つのメンタルコントロール術

緊張しても余裕!メンタルコントロールが上手くなる5つの科学的思考法 プレッシャーや不安といったものは誰にでもありますし、ときには思いもしないところでそのような感情が湧いてきて不意に緊張してしまうことがあります。 一度こうなってしまうとパニックになったり頭が真っ白になっ...

これでもうを手を抜かない!活動的に生きるための心理学的に正しい締め切りの作り方

これでもうを手を抜かない!活動的に生きるための心理学的に正しい締め切りの作り方

やりたいことすらできないのが人間心理 私たちは基本的に自分に甘い生き物です。驚きの真実なのですが、私たちはやるべきことを先延ばしにするどころか、やりたいことすらも先延ばしにしてしまう癖を持っています。 人類みなダメ人間です笑。ポジティブなアイディアであっても私たちがな...

あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!

あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!

行動力が上がるテクニック 今回は子どもにも大人にも使える、目標達成率と行動力を上げるための心理テクニックについて話していきます。 実は目標自体は同じで努力の量や行動する量は同じでも、目標の提示の仕方に少し工夫を加えるだけで目標達成率が変わってしまうのです。 なの...

不安に強くなるためには好奇心を持つことが大切!CQの鍛え方

不安に強くなるためには好奇心を持つことが大切!CQの鍛え方

行動力の高さは好奇心で決まる ずば抜けて行動力がある人っていますよね。海外によく行く人とか結構そういう性格の人が多いような気がします。 「新しい環境でも未知の出来事でも全然大丈夫!」というような心の強い人というのは、心配事や不安が多い人からしたら尊敬できる憧れの対象み...

ネガティブな感情に振り回されずに快適に毎日を過ごす心理学的な方法

ネガティブな感情に振り回されずに快適に毎日を過ごす心理学的な方法

怒りを制御する心理学的な方法 不安や怒りといった強いネガティブな感情に心を支配されて、後で冷静になった時に後悔するような行動をとってしまいがちな人には瞑想をおすすめします。 瞑想と聞くと宗教的なイメージだったりスピリチュアルな印象を持ってしまい、「科学的にあんまり信用...

なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方

なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方

やりたいことができないのはなぜ? やりたいことを計画したり好きなことを始めてみたのはいいけれど、思うように続かない!といった問題があります。 人は心理的に易きに流れる性質を持っているので、エネルギー切れを起こしたり誘惑に魅了されると、どうしても楽な方を目指してしまうの...

やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!

やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!

やりたいことが多すぎる人の弱点は、ポジティブ思考 「自分のやりたいことがわからない」には2種類の原因があります。 1つには、やりたいことがまったく思いつかなくて悩む場合。そしてもう1つは、やりたいことが多すぎて悩む場合です。今回は主に後者の話をしますが、前者の悩みの場...

音楽の心理的な影響 やる気を上げる明るい音楽!

音楽の心理的な影響 やる気を上げる明るい音楽!

音楽を聴くと心理状態が変わる! 実は、音楽と心理は相性が良いです。 音楽を効果的に使うことでやる気をあげたり、元気を取り戻したり、緊張を和らげることもできます。 そこで、自分が元気になったり勇気がもらえるようなお気に入りの一曲をストックしておき、...

正しくない努力に気をつけて、心理学的に正しい努力を身につける方法

正しくない努力に気をつけて、心理学的に正しい努力を身につける方法

正しい努力と正しくない努力を区別しよう 努力には、正しい努力と正しくない努力があります。 この正しい努力の仕方を知らないと、いつまで経っても成功できないどころか成長すらできません。なぜなら毎日続けていることが正しくない努力だった場合は、いつまで経っても結果が出てこない...

自分の努力を信じられるかどうかがあなたの成功と幸せを左右する

自分の努力を信じられるかどうかがあなたの成功と幸せを左右する

努力が大切な心理学的な理由 少し暑苦しい表現になってしまいますが、努力は大事です。 なぜ努力が大事なのかと言うと、努力できるかどうかが私たちの生き方に大きな影響を与えるからです。 成功のための過程では、必ず困難な壁やうまくいかない時期などが発生し...

実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

成功と失敗、どちらの方がより豊富な知識と経験が身につくのかということは実はすでに判明しています。 学びの過程としてより重要で、なおかつ私たちの脳みそに鮮明に刻まれるのは失敗の記憶と事例です。人は、成功からよりも失敗から多くの知恵を得ることができるのです。 ...

頭が良い人たちに共通するちょっと変わった思考習慣

頭が良い人たちに共通するちょっと変わった思考習慣

秀才や天才には共通点がある 自分自身を大切にできる人は能力が伸びていきます。 自分が持つ能力や個性を伸ばすということは、自分の時間を才能の開発にあて、それに集中するということです。当然、無理をしていたり努力自体が辛くては続きません。私たちの頭には我慢できる許容...

集中力が続かないときはアレを変えてみよう!環境の心理学

集中力が続かないときはアレを変えてみよう!環境の心理学

やりたいことがあるのにできない あれもしたい、これもしたい。でも何もできていない。 という現象があります。あれこれと挑戦しようと思っているのに、行動が追いつかず結果何事も思い通りにいかず、落ち込んでしまうこともあります。 これがけっこう厄介な心理...

自信のある人が成功する理由。自信の高さは能力の高さと比例する

自信のある人が成功する理由。自信の高さは能力の高さと比例する

自信がある人の特徴 自分に自信がある人ほど努力することがわかっています。 以前は責任感を持っている人ほど仕事の成績が優秀になり、逆だと人生の意欲を失ってしまうという話をしましたが、この責任感を持つことと自信を持つことは実はけっこう似ているのです。 責任感と自信と...

信じるだけで本当に成績アップ!人間の能力を最大化する暗示の効果

信じるだけで本当に成績アップ!人間の能力を最大化する暗示の効果

暗示や思い込みは本当に効果がある! 暗示や思い込みの効果は強力で、私たちの行動や思考に大きな影響力があります。 暗示によって能力が開花したり自信がついて積極的な行動を起こせるようになることもあれば、逆に思い込みによって物事の嫌な側面ばかりが目につくようになって自信や勇...

他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学

他人まかせをしてはいけない理由!責任転嫁はメンタルに悪影響。自己選択の心理学

自分で決める人は健康的! 物事の決定は自分自身で行う方が心理的にプラスの効果があります。他人任せにしてはいけないのです。 他人や環境に問題の原因や責任をなすりつけてしまうと、傷つくのは責任転嫁をしてしまったその人自身です。意外な事実ですよね。 一見すると他者に責...