スポンサーリンク

先延ばしは不安のせい?教育メタボを治してすぐ行動できるようになる考え方!

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

勉強しすぎはよくない兆候?

勉強や努力が好きな人が陥りがちな罠に「教育メタボ」があります。

これは勉強することばかりを優先して 勉強という手段が目的化してしまい、「結局、自分は何のために勉強してたんだっけ?」と当初の目的が達成できなくなってしまう状態のことです。

「頑張っているのに一向に成果が上がらない!」という人は自分がこのような状態に陥っていないか、自己分析してみると良いです。

本当に勉強や準備不足なのか、それとも不安を感じすぎているのか、それによって問題解決のためのアプローチの仕方も変わってきます。

準備不足ならば 情報を集めたり練習を繰り返す必要がありますが、 そうではなく不安な気持ちが強すぎるために やりたい行動を 取れなくなっているのであれば 不安症対策やストレスで対策をする必要があります。

・やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!

やりたいことが多すぎてやりたいことがわからなくなる、ポジティブ思考のワナに注意!
「自分のやりたいことがわからない」には2種類の原因があります。 1つには、やりたいことがまったく思いつかなくて悩む場合。そしてもう1つは、やりたいことが多すぎて悩む場合です。今回は主に後者の話をしますが、前者の悩みの場合でも使えるテクニックを紹介します。 やりたい...

https://twitter.com/kruchoro/status/1113339646207856640

学んだことをどれくらい活かしていますか?

この教育メタボの指標になるのは あなたの実際の行動力です。

つまり、自分が学んだことをどれだけ実行しているかに注意を向ける必要があります。すでに学んでいることがたくさんあるのに、それに対して実行できていることが少ない場合は教育メタボになってしまっています。

これだと行動するために栄養を蓄えているのにまったく行動していない肥満体みたいなものです。そしてダイエットは「自分は肥満なんだ!」と 自分の状態を自覚するところから始まります。

知識はただ身につけるだけでは私たちの生活を豊かにしたり、幸せにしてくれるわけではないのです。活用して初めて効果が出てくるのです。

学んだことをすべて行動に移すことは不可能ですが、まったく行動に移さないのも心の健康に悪いのです。それだと理屈をこねるだけで、ただの頭でっかちになってしまいます。

・バカと天才の共通点。成功するための心理学的な秘訣

バカと天才の共通点。成功するための心理学的な秘訣
バカと天才にはあって、凡人にはない能力というものがあります。 実は、バカと天才の脳みそは脳科学的に似ています。昔からバカと天才は紙一重と言いますが、これはあながち間違いではないのです。 バカと天才の共通点、それはシンプル思考です。 シンプルに...

小さなアウトプットには大きな効果がある

学びや情報をたくさん得ているのに実行している形跡がないという心理的な罠は、勉強が好きな人ほど陥りやすい罠なので、勉強好きや読書好きな人たちは注意が必要です。

そもそも勉強が好きな人は勉強自体が半分目的みたいなものなので、ついついアウトプットを疎かにしがちになってしまうのです。

なので、勉強で身につけた知識を自分が普段どれくらいアウトプットできているかをきちんと把握しておきましょう。アウトプットの量を数値化して 客観的に知るだけでも新しい行動に結びつきやすくなります。

行動といっても何も大きなことをやる必要はなく、まずは自分にできる範囲の中でも比較的小さなことでいいので、身につけた知識や情報は活かしていくと良いです。それだけで心に変化が訪れて見える景色が変わります。

・小さな成功を喜べるかどうかが仕事の満足度と人生を決める

小さな成功を喜べるかどうかが仕事の満足度と人生を決める
小さな成功体験が与える影響力 小さな成功体験に目を向けられるかどうかが、私たちの人生を左右します。 小さな成功体験がそこまで重要なのは、大きな成功は時間もかかるし、そこに至るまでストレスや恐怖を抱えなければいけないからです。 もちろん、それを含めて楽しめればいい...

先延ばし癖は人生の質を著しく下げる!

自分のアウトプット量を把握していないと、非効率な学びをしてしまい、結果的に好きなことが できるようになったり、目標に到達することが遅れてしまうのです。

試してみようと思っていたのにまだ実行に移せていない計画や考えがある!という人はちょっと自分のメタボ状態を疑って、定期的に行動するような習慣やルールを設けてみましょう。

教育メタボ状態は、 行わなければいけないことを 後回しにしてしまう先延ばし癖という悪い生活習慣にも繋がってしまいます。

先延ばし癖は人生の満足度を下げて ストレスを常に抱えてしまう心理状態に自分を追い込んでしまう ことになる ので、 そうならないように 教育メタボに気づいたら 早めに対処しておきましょう。

・仕事と勉強を失敗させてしまうやりがちなマズい行動と習慣

仕事と勉強を失敗させてしまうやりがちなマズい行動と習慣
予定を伸ばしてしまう先延ばし癖 なかなか直せない人の癖で、先延ばし癖というものがあります。 先延ばし癖というのは、物事の決定や行動を今すぐに実行に移すのではなくて、未来に先延ばしにしてしまう癖のことです。これを聞いて「はっ!」とする方もけっこう多いんじゃないでしょうか...

https://twitter.com/kruchoro/status/1098191788269920256

というわけで、「勉強したら即実行!」を合言葉に勉強と行動をバランスよく行っていきましょう。

・なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方

なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方
やりたいことができないのはなぜ? やりたいことを計画したり好きなことを始めてみたのはいいけれど、思うように続かない!といった問題があります。 人は心理的に易きに流れる性質を持っているので、エネルギー切れを起こしたり誘惑に魅了されると、どうしても楽な方を目指して...
勉強それ自体を楽しむことも良いが、行動がゼロでは役に立たない
行動しない言い訳に勉強不足を使っていないか注意しよう
小さなことでもいいので学んだことは実践していこう
教育メタボから先延ばし癖に派生してしまうと人生の満足度が下がるので注意しよう