スポンサーリンク

普段どんなものを使っているかで人の性格が変わる。持ち物で性格診断!

気に入ったらシェアorコメントしてね!

人気の心理学

持ち物が与える心理的な影響

自分の性格を変える手段はいくつかあるけれど、モノの選択もその一つですね。私たちが普段何気なく使っている物や身近に置いている物によって人の行動は変わり、気分にも影響を与えます。

例えば、見た目にきれいなものに囲まれていると気分が高揚したり、自分の趣味に沿った好きなものに囲まれていると遊びのスイッチが入ったりしますよね。

だから、どんな物を持つかということは重要なのです。

所有する物の量と質が大切

また同時に、どんな物をどれだけ持つかということも大切です。

物が多すぎるとそれを管理するのにエネルギーを使うことになります。掃除をするたびにほとんど使うことのない物の置き場所のことを考え、買い物のときには似たような物が家にはなかったかななど考えてしまいますから、自分にとって適度な物の量というのは理解しておく必要があります。

・集中力が続かないときはアレを変えてみよう!環境の心理学

集中力が続かないときはアレを変えてみよう!環境の心理学
やりたいことがあるのにできない あれもしたい、これもしたい。でも何もできていない。 という現象があります。あれこれと挑戦しようと思っているのに、行動が追いつかず結果何事も思い通りにいかず、落ち込んでしまうこともあります。 これがけっこう厄介な心理...

物を持つことはマイナス?

もちろん、使う物であれば持っていれば私たちの人生のにとってプラスになるでしょう。

しかし、使わない物を持っているということは、私たちの人生にプラスの要素を運んできてくれるどころか、コストやエネルギーを余計に発散させてしまうのでマイナスになってしまうのです。

物を持つことということは、それがどのようなものであれ、直感的には私たちの資産を増やし人生にもプラスの働きかけをしてくれるように思えますが、不必要なブランド品が与える心理的影響力のように、本来の目的と外れた物の所有は私たちを不幸な気持ちにさせてしまいます

・成功の見込みがない人ほどブランド品で派手に着飾る心理的傾向がある

成功の見込みがない人ほどブランド品で派手に着飾る心理的傾向がある
ブランド好きは心の安定が崩れている可能性 ブランド品に目がないという人は心の安定が崩れているかもしれません。 実は誰もが知っているような高級ブランド品で身を固めている人ほど自分に自信がなく、容姿や能力などに不満を持っているという研究結果があります。ブランド物に対する物...

多すぎる選択肢は不幸の元

使わない物を持つということは先にも言った通りマイナスなのです。所有しているのに、マイナスというのはなんだか不思議な感じがするかもしれませんが、これは心理学的に認められていることです。選択肢が必要以上に多すぎると、私たちは悩むようになってしまうのです。

例えば、お金持ちの人と貧困層の人との住居を比べた時に、お金を持っている人の方が家にあるものが少なかったりします。

テレビや雑誌などで紹介されている成功を収めた有名人の部屋を思い出してみてください。彼らの部屋はまるでモデルルームのようにすっきりしていますよね。これは部屋や持ち物を整理しておいてすぐに行動を取れるように環境を最適化しているからです。

・なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方

なぜか物事が続かない!を解決する、無駄なことをやめる習慣の作り方
やりたいことができないのはなぜ? やりたいことを計画したり好きなことを始めてみたのはいいけれど、思うように続かない!といった問題があります。 人は心理的に易きに流れる性質を持っているので、エネルギー切れを起こしたり誘惑に魅了されると、どうしても楽な方を目指してしまうの...

物を変えるとなぜ性格が変わるのか

身近なものを変えるということは生活空間を変えるということと同じです。つまり、環境が変わるのです。

私たちは過ごす環境から影響を受け、行動や性格にも変化が訪れます。ですから身近にある物や部屋の模様替えをすると性格が変わるのです。性格を変える上で、こうしたイメージを利用することには大きな効果があります。

例えば、物腰をもっと柔らかくしたいのであれば可愛いものを集める、色味を女性的なものに近づけてみるといったことが役立ちます。

あるいはもう少し気を引き締めてビシっと行きたいなぁと考えるのであれば、本や雑誌など知的なイメージを持つアイテムを部屋に配置するといいと思います。その人のイメージは性格や行動にも影響を与えます。

・話題を変えてあなたの評価を上げる印象操作の心理学

話題を変えてあなたの評価を上げる印象操作の心理学
人はあなたの行動を見ている 「何を思うか」よりも、大切なのは「何をするか」です。 私たちは心の中で「何を思うか」よりも実際の行動に結びつく「何をするか」で自分自身や相手のイメージを形成したり、評価を決めることがわかっています。 例えば、誰かが言っていることと実際...

理想のキャラクター見つけよう

自分の理想のイメージを持つキャラクターや著名人を真似るのも人格形成には効果があります。

これはけっこうわかりやすいやり方だと思うので、まずは自分の理想とするキャラクターを見つけて彼/彼女と同じような格好をしたりアイテムを集めたり言動を真似るようにするとゲーム性も出て楽しく変化できると思います。

それくらいに人間関係の影響力は大きいです。参考にしてみてください。

・あなたの行動は信頼している相手の言動ひとつで変わってしまう

あなたの行動は信頼している相手の言動ひとつで変わってしまう
内容が同じでも人が変わればイメージも変わる 同じ誘い文句やお願い事であっても、それについて話す人のイメージによって印象が変わるということがわかっています。 何を言うかではなく、誰が言うかが心理的には大きな意味を持っているのです。そして、私たちは信頼のおける人のおすすめ...
持っている物で生活や行動の仕方が変わる
そのために持ち物次第で人の性格は変わる
多すぎる物は行動を抑制してしまうので、適度な量が必要