くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

ダイエット成功のコツは時間の使い方!脂肪が燃えやすくなる食事の仕方とは?

オススメのダイエット方法は時間制限

ダイエットや食事制限には様々なやり方と種類がありますが、私がおすすめするのはプチ断食と呼ばれる時間制限を使ったダイエット法です。

 

このダイエット法の良いところはルールがわかりやすくて、とてもシンプルなところです。

 

ダイエットに限らず、新しい生活習慣を身につけるためには複雑な話を少なくして、できるだけシンプルに設計することが大切なのですが、時間制限ほどシンプルで調整のしやすいものはありません

 

ダイエットに失敗してしまう心理的な理由

たとえば、糖質制限やベジタブルダイエットなどの食べる内容を決めるダイエットの場合は食材の準備を常にしなければならず、外食も難しくなります。

 

常に食べる量や料理の食材を調べて計算できるわけではありませんよね。なので、食材や食事量を制限するダイエットはそれだけ失敗しやすいのです。わざわざ毎回の食事の記録を取るのも面倒くさいですよね。

 

それに比べるとただ食事の時間を決めるだけならば、自分で把握も調整もしやすい指標です。自分が何時にご飯を食べたのかは時計を見ればわかりますからね。毎日の食事の時間を一定に保っていれば簡単に痩せていけるのがプチ断食の良いところです。

・衝撃!お酒を飲んでも幸せにはなれないし、人生の満足度も下がる可能性が!?

https://kruchoro.com/post-3948/

 

時間制限は万能の心理テクニック

さらに、この時間制限という考え方は、禁煙したりテレビを見すぎたりといった他の依存的な行為や、やめなければいけないことをやめる時にも使えるテクニックです。

 

そしてダイエットを成功させるコツは、この時間の制限に対する考え方にもあります。ただ時間制限するだけではなく時間に対するマインドも少し変えるのです。食べれないということではなく、食べれるということに意識を向けていくのです。

 

つまり「何時まで食べてはいけない」と考えるのではなく、「何時になったら好きなだけ食べていい」という風に、ダイエットに対する視点をポジティブな方向に変えていくのです。このちょっとした考え方の違いで、ダイエットが辛いものを我慢する体験から楽しみを待つ体験に変わります。

・これでもうを手を抜かない!活動的に生きるための心理学的に正しい締め切りの作り方

https://kruchoro.com/post-4072/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1096362232634593280

 

食事をご褒美に変えるマインドセット

我慢することではなく、好きなだけご飯を食べれるのだという事実に集中することで、食事を我慢している時の辛い気持ちを軽減することができます

 

どのみち私たちが一度に食べられる食事量の限界は決まっているので、一回の食事に好きなだけで食べても、食事の時間と回数さえ守っていればダイエットは続けることができます。

 

さらには、この習慣を身につけることでこれまで以上に食事を楽しむことができるようになります。食事が一種のご褒美になるからです。

 

食事の量や食材ではなく食事の回数を減らすように計画することで、料理を味わう楽しみを無くさずにダイエットすることができるのです。

 

ダイエットはただでさえ我慢しなくてはいけないことが多いので、制限するものの種類はなるべく少なくしないとストレスに耐えられなくなります。なので、シンプルに時間制限だけをしてダイエットに挑むようにするとそれだけで続けやすくなるのです。

・あなたの行動力を爆上げさせる!子どもにも使える自己コントロール方法!

https://kruchoro.com/post-4295/

 

時間制限の目安

制限する時間の目安ですが、女性だと12~13時間、男性だと14~16時間、食事を取らない時間をつくると脂肪が燃焼しやすくなります

 

この数字を目安にして、朝食か夕食のどちらかを抜くようにしましょう。大切なのは食事を摂らない時間を設けることなので、コントロールしやすい方で大丈夫です。

 

一番辛いの初日なので、どうしても我慢できないと思ったら時間を最初は縮めて、徐々に断食の時間を延ばしていく作戦に切り替えましょう

 

個人的には朝食抜きがオススメです。夕食時に炭水化物を食べると睡眠の質がアップして寝付きやすくなるからです。あと時間帯な忙しさからも、多くの人は朝食の方が抜きやすいですよね。

・不幸なのは体型が原因?自信を持てるようになるダイエットと肉体改造の心理学

https://kruchoro.com/post-3052/

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1025569493198598144

 

プチ断食は成功しやすいダイエット

このプチ断食はダイエットの中でも成功しやすい部類に入ることが研究の結果からもわかっています。食事と食事の間に長い休憩時間を設けることで食欲が暴走しにくくなり、食べ過ぎることがなくなるのです。

 

他のダイエットだと、どうしても食べ足りないということが起きてしまったり、頭を使う場面が多いので挫折しやすくなります。また、それだけ「今日は食べていいかな?♪」という風に考えやすく誘惑にもなってしまうのです。

 

だからこそシンプルなダイエット方法を取ることが大切です。私たちはシンプルで簡単なことでないとすぐには始められないし、長い期間続けることもできないのです。難しすぎる挑戦や高すぎる目標に失敗してしまう原因はここにあります。

 

私たちは心理的に楽な方へと流れるようにできているので、行動し始めの時には出来るだけ問題を小さくして、すぐに新しい習慣に取り掛かれるようにしてあげることが大切です。これは他の習慣を身につける時にも使える考え方ですので覚えておいてください。

 

というわけで、体重を管理・調整したい人は今回紹介したプチ断食を試してみてください。

・モテるかどうかは食事の内容で決まる!恋愛の結果を左右する健康心理学

https://kruchoro.com/post-3454/

目標達成はシンプルなものではないと成功しにくい
プチ断食は時間だけを気にしていればいいので成功しやすい
プチ断食をすると食欲をコントロールしやすくなる
女性は12~13時間、男性は14~16時間、食事を取らないと脂肪が燃焼しやすくなる