くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

心理学を学ぶと性格が良くなって人にも優しくなって幸せになれる!

心理学は誤解が多い?

心理学って結構誤解されていることが多い学問で、僕もきちんと勉強するまでは眉唾ものだと思っていました。でも、これにはそうなってしまう理由が隠されていたんです!!

 

というわけで今回は、心理学がどう人生に役立つのかを話していきます!

 

心理学を学ぶと人間関係がダメになる?

心理学を学んでも役に立たない、人間関係がダメになる、頭でっかちになって性格が悪くなる、人生が楽しくなくなるなど、これらはよくある誤解だと思います。心理学を学んでいるのにそれを活かすことができていない人はイメージしやすいですよね。

 

しかし、実際には心理学を学べば学ぶほど人間関係が豊かで楽しいものになり、人と繋がる喜びをたくさん感じられるようになるからです。

 

例えば、私たちが友達や家族や恋人と一緒にいるのが楽しいのはなぜだと思いますか?

 

それは、私たちが彼らのことをよく知っているからです。

 

何が好きで何が嫌いか、お互いによく知っているから、相手の嫌がることを避け、相手の喜ぶことができ、一緒にいると心地よいと感じるのです。

 

よく知らない人と一緒に暮らせなかったり、見知らぬ人にいきなり声をかけられても警戒してしまうのはこのためです。

 

「知らない=恐怖」であり「知っている=幸福」なのですね。

 

そして、好きな人と共有している思い出というのは、その人の気持ちを理解するためのデータであり、そのデータをもとに私たちは健康的な人付き合いをして幸せになっています

 

心理学の知識は、この思い出の代わりになるのです。

・異性にモテやすくて恋人にも愛されやすい人が持つ5つの特徴

https://kruchoro.com/post-3076/

 

相手のデータがない時は統計データを使おう

もちろん、心理学の知識がすべて特定の相手に当てはまるとは限りませんが、データが何もないよりはマシですし、データがある以上はその知識が正解であることが多いです。

 

例えば、私たちが安易に人に暴言を吐かないのは、そうすると相手が不快になると知っているからです。それを、「この人は暴言を吐いても怒らないかもしれない」と毎度毎度知らない人たちに試しに暴言を吐いていたら命がいくつあっても足りません笑。

 

ですから、私たちは基本的には、腹の立つのようなことがあっても、ちょっと気持ちを落ち着かせてから、丁寧な言葉で相手に行動の修正を求めるのです。

・良い恋愛関係を築くために一番大切なことは、相手に安心感を与えること

https://kruchoro.com/post-3141/

 

相手が喜ぶプレゼントの心理学

これと似たようなもので、多くの人が間違いを犯しがちなプレゼントの心理学があります。

 

よくあるプレゼントの贈り方は、プレゼントを贈る方が「相手はこれを贈ると喜ぶだろうな」と想像しながらプレゼントを選び、相手に渡すというものですよね。

 

しかし、これはNG行動です。

 

なぜなら、私たちは、相手が本当に欲しがるアイテムよりも、自分がもらったら喜ぶアイテムを選びがちになるという心理を持っているからです。

 

ですので、どれだけあなたが相手のことを思っていても、この事実を忘れているとプレゼント選びには失敗してしまうことが多いのです。

・優しくされたら好きになる!おまけに弱い人の心理とは?

https://kruchoro.com/post-2220/

 

プレゼント選びに失敗してしまう理由

結婚式の引き出物がいい例です。結婚式に呼ぶくらいですから、そこにはかなり親しい人たちが集まっているはずです。しかし、大抵の場合、結婚式の引き出物というのは喜ばれません。

 

これはお互いのデータ(思い出)が不足しているからです。どんなものを贈れば相手が喜んでくれるのかよくわかっていないのですね。

 

例えば、自分たちの結婚式に何度も友人を呼んでいれば、それまでの経験と感想を活かしてプレゼント選びの改善をすることができますが、私たちはそう何度も結婚式を挙げませんよね。ですからデータ不足になってプレゼント選びに失敗するのです。

 

(ちなみに私は食べ物以外はすベて他の人にあげました笑。正直、無理をして引き出物を選ぶくらいなら、その分の料金を浮かして新郎新婦の懐に入れて欲しいなと思いますw)

 

さらにはプレゼントというのは、それをもらう側よりもあげる側の方が満足度が高くなるという心理があります。

 

このために私たちは自己満足のためにプレゼントを選びがちなのです。だから直感的にプレゼントを選ぶと失敗してしまうのですね。

・異性にモテるようになる意外すぎる能力が見つかった

https://kruchoro.com/post-2675/

 

好きな人を何倍も幸せにするための心理学

しかし、このプレゼントの心理学を知っていればどうでしょう?

 

この心理学の知識があることで、プレゼントは自分で考えるのではなく、相手に直接欲しいものを聞いたり、いくつかの選択肢の中から選ばせてあげることができて、普通にプレゼントを贈るよりも相手を幸せにできるのです!

 

そして、喜ばれるプレゼントをあげることによって幸せになってもらえれば、私たちは大切に思う相手ともっと仲良くなれます。誰だって優しい人とは長く付き合っていきたいですからね。

 

つまり、心理学の知識を理解してそれを実践することで自分と周りの人たちを幸せにできるのです。

 

これが、僕が心理学を紹介し、オススメする理由です。

 

そして2つ目の質問の答えにもなりますが、これが僕が心理学の好きなところです。好きな人をもっと幸せにできるから、僕は心理学が好きなのです。

・あなたが幸せになると、その周りにいる人たちも幸せになる。幸せ拡大の心理学。

https://kruchoro.com/post-3045/

 

知識は目的と使い方が大切

要は、知識というのは使い方が大切なのです。

 

例えば、「あ〜それ〇〇の心理ね」というような言い方をして相手を落ち込ませてしまっている人は、知識の使い方を間違えているか、自分の知識と能力を自慢したいだけです。なので、その時点でお互いの目的と利害が一致していないのですね。

 

よくある例えですが、包丁は料理に使えば多くの人を幸せにしますが、武器として使えば人を傷つけます。

 

心理学もこれと同じです。心理学の知識を披露して人をがっかりさせることもあれば、同じ知識を利用して人を喜ばせることもできるのです。

 

ですので、なぜ心理学を学ぶのかという目的をはっきりさせていないと学ぶ意味がありません。手段は目的達成のためにあります。もちろん、これは心理学に限らずすべての知識と技術がそうです。

 

目的と使い方次第で、知識は顔を変えるのです。

 

つまり、「好きな人をもっと幸せにしたい!」と思っている人たちが心理学を学べば、人を喜ばせるための知識と技術が身につき、これまで以上に好きな人を幸せにできるようになるのです。

 

そして、大抵の人は好きな人を幸せにしたいと思っています。だから僕は心理学の知識を普及し続けるのですね。

・異性にモテる性格TOP16から恋愛姿勢を学ぶ!意外な性格もランクイン!

https://kruchoro.com/post-2775/

 

相手のことを知らないと相手を喜ばせることができない
科学的なデータには多くの人を喜ばせるための事実が載っている
だから、心理学を学ぶと多くの人が喜ぶことを理解できて、好きな人を幸せにできる