くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

やる気を高めて計画通りに絶対に実行する方法!目標達成と行動力の心理学(有料)

頭の中のイメージというのは強力です。

 

しかしそれは影響力が大きいという意味であり、ただイメージをすれば簡単に成功できるという意味ではありません。

イメージにも正しいやり方があるのです。そしてこの正しいイメージのやり方を行わないと、ポジティブ思考の罠にかかってしまいます。

 

ポジティブなだけではダメだった!のび太くん症候群

ポジティブ思考の罠というのは、ポジティブな未来を予測し、起きる物事を楽観するあまり行動しなくなってしまうという心理現象です。

 

のび太くんがテスト勉強をせずに「後でやるから〜」という感じで遊びに行ってしまうときの心理がこれと同じです。

ポジティブ思考の罠が発動すると、きちんと勉強の時間を配分していると自分で思ってはいても、予期せぬことが起きたり友達からの誘惑があったりして計画が延長され続け、ついには勉強する時間がなくなってしまうのです。

 

[参考資料] ・ポジティブ思考のワナ!やりたいことが多すぎて、やりたいことがわからなくなる(note記事)

 

ポジティブ思考は使い方が肝心!

楽観的であることはよく推奨されていますが、楽観性が生み出すこの問題点についてはあまり指摘されていませんので注意が必要です。ただポジティブであればいいというわけではないのですね。

 

そこでポジティブ思考を使いこなすためには、どういうときにポジティブ思考がプラスに働き、どういう使い方をすれば行動力に結びつくのかを知る必要があるのです。

今回は、そのポジティブ思考の科学的な使い方について、心理学研究の論文を引用しながら話していきます。

 

本記事を買う前に知りたいことがあるのなら!

あるいは無料で僕の心理学の記事を読みたい人は、ブログの記事を覗いてみてください。ブログの他の記事を読んでからこの記事を買うかどうか判断してもらってもいいですしね。

 

もちろん今回の記事の内容はブログでは読めませんが、今回の記事に関連する心理学は学べます。関連記事を以下に並べておきますので、購入の参考に使ってください。

 

[参考資料(ブログ記事)] ・あなたの人生を劇的に変えるかもしれない小さな変化の起こし方(計画が失敗する理由について) ・自信のある人が成功する理由。自信の高さは能力の高さと比例する(自己イメージがもたらす心理効果について) ・信じるだけで本当に成績アップ!人間の能力を最大化する暗示の効果(暗示効果の高さについて)

 

それでは、本編を読んで、身につけた心理学をお仕事や勉強に役立ててください。質問等は次の記事作成のための資料として使わせてもらいます。

 

[目次] 1.このイメトレをするだけで20%も効率がアップ! 2.頑張って筋トレしなくても筋肉を増やす方法!? 3.行動力を高める3つのイメトレの仕方 4.怠け癖を防ぐ方法 5.計画がうまくいかない心理学的な理由 6.やる気が起きない心理学的な理由 7.サボりたくなってしまう心理学的な理由 8.計画を失敗させないためのやる気アップ行動手順 9.やる気を起こさせるイメトレの具体的な方法 10.やってはいけないダメなイメトレ 11.効果的なレベリング(レベルとハードルの設定)の仕方

このイメトレをするだけで20%も効率がアップ!

まずはイメージトレーニングの効果の高さについて話します。

 


※ここから先の内容が有料となります。購入は以下のリンクからどうぞ。 https://note.mu/kruchoro/n/n7348728ff4b4