くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

決めつけは心理的に危険!ぺこぱに学ぶ、人間関係で幸せになる心理学

成功に必要な3つの能力

実は「数学力=国語力=コミュ力」という図式が成り立つように、数学的な思考ができる人は文章を読んで理解できますし、コミュニケーション能力も高くなる可能性も秘めています。

 

この3つは同じ能力で支えられているのですが、それぞれ主に使うツールが数字、言葉、ボディランゲージと異なります。だからどれかしかできない人もいるのです。

 

3つの能力の共通点は流れ

しかし元となっているのは同じ能力なので、3つとも得意になる賢者がたまに現れることがあります。

 

そういった賢者は数学的思考で経済的に富み、国語的思考で物事をよく理解し、豊かなコミュニケーション力で人に好かれて成功していきます。

 

生きるために不可欠なこの3つのスキルの共通点は文脈読解力です。

https://kruchoro.com/post-5902/

 

文脈を理解する力は生活に役立つ

文脈を理解する力があれば、複雑な数式に隠れたヒントが見つかり、複雑な物事の共通項が見つかり、会話の中に出てくる相手の人間性や習慣的な行動や思考の癖を見つけることができます

 

つまり、相手の気持が理解できるようになるのです。

 

この文脈読解力は成功のためにももちろん必要なのですが、普通に生きて幸せになるためにも必要な能力です。

 

それは会話の文脈を理解することで危険を回避することができるからです。文脈を理解することで物事や相手の違和感に気づくことができて落とし穴の存在にも気づけるようになります。

https://kruchoro.com/post-3049/

 

文脈は相手の心を読むためのヒントになる

よく恋愛や人生相談などで「~しない人はダメだ」というようなピンポイントな指摘がありますが、こういったポイントはコミュニケーションにおける文脈読解のヒントになります。

 

つまり、「特定の行動をしない人、あるいは特定の行動をしている人は注意して見たほうがいいよ」というような意味となるのです。

 

https://twitter.com/kruchoro/status/1214680863620755457

気になったらフォロー、もしくはリツイートお願いします🙇‍♂️

 

相手の心を決めつけてはいけない

逆に言うと、ピンポイントな指摘はただのヒントでしかなく答えではありません。試験に引っ掛け問題があるように、こうしたヒントにも引っ掛け問題が存在します。だから決めつけると危険なのです。

 

特に人間関係、恋愛関係においては決めつけは関係性の崩壊を招きます。簡単な言葉で言い換えると、「ちょっと失敗したくらいや、ちょっと気が利かなかったくらいで相手を嫌うのはやめよう」ということです。

 

そのような見方は相手の行動を文脈として捉えていないので判断の間違いが起きやすいのです。人との会話においては流れの方が大事なのです。

https://kruchoro.com/post-5590/

 

決めつけないことで心が平穏になる

文脈の大切さ、流れの大切がわかっていればちょっとしたことでイライラする事もなくなりますし、付き合う相手に不必要な不信感を持ったり嫌悪感を持つこともなくなります

 

そして本当に危ない相手は回避することができるようになります。だから決めつけで相手や物事を見て憎しみの心を生み出すようなことはもうやめよう(ぺこぱ風)。

 

本当に気になったり大切なことは直接相手に聞いてみて、お互いに素直な気持ちを話し合うことが大切です。

https://kruchoro.com/post-6233/

文脈や流れを理解する能力が成功と幸せに結びつく
相手の気持を理解するためのコミュニケーションにおいても流れが大事
特定の行動を見ただけで決めつけてはいけない
決めつけないことで不安がなくなり落ち着くことができる