「 経営心理学 」一覧

マルチタスクをすると時間がないと思い込んで不安も大きくなってしまう

マルチタスクをすると時間がないと思い込んで不安も大きくなってしまう

マルチタスクが生み出す悪影響 忙しさはマルチタスクが生み出した幻想だった!という心理学の続きの解説です。今回はさらにマルチタスクの悪影響について話していきます。 簡単に前回のことを振り返りますと、世界中で多くの人が自分は忙しいと感じているのですが、実際には私たち現代人...

マルチタスクは逆効果!忙しくなる原因はマルチタスクにあった

マルチタスクは逆効果!忙しくなる原因はマルチタスクにあった

なぜ忙しくなってしまうのか? 現代人の忙しさは幻想だった!という心理学の続きの解説です。今回は忙しさが生まれる心理的な原因について話していきます。 簡単に前回のことを振り返りますと、多くの人が忙しいと感じているのですが、実際には私たち現代人が自由に使える時間はここ40...

オバマ大統領流 5つの仕事成功術!後編

オバマ大統領流 5つの仕事成功術!後編

オバマ大統領の5つのタスク管理&仕事術 今回は、オバマ大統領が実践している5つのタスク管理&仕事術の続きです。前回のおさらいを軽くしますと、以下の5つのテクニックうち2つを紹介しました。今回は残り3つを解説していきます。 準備を怠らない ...

通勤時間が長いだけで離婚が増える!という恐ろしい研究

通勤時間が長いだけで離婚が増える!という恐ろしい研究

通勤時間はメンタルに影響大 通勤時間は意外と私たちのメンタルに影響を与えている大切な要素です。 研究によると、実は通勤の条件というのは、お金や人間関係と同じくらい私たちの幸福を左右している大事な要素であることがわかっています。

これで成功も思いのまま!オバマ大統領が行っている5つの仕事術!前編

これで成功も思いのまま!オバマ大統領が行っている5つの仕事術!前編

オバマ大統領のタスク管理&仕事術 「世紀の空売り」や「マネー・ボール」などの作品で有名なノンフィクション作家のマイケル・ルイスさんが2012年に発表した「オバマの決断」という記事があります。この記事ではオバマ大統領に密着インタビューしつつ、仕事の仕方や一日の過ごし方...

マルチタスクは生産性を下げて認知機能にも悪影響を与える

マルチタスクは生産性を下げて認知機能にも悪影響を与える

マルチタスクは仕事を遅くして頭も悪くする マルチタスクは生産性を下げてしまいます。過去の研究では、マルチタスクによって仕事の生産性が40%低下したり、IQが下がったりすると言われています。 しかし、テクノロジーが進化するにつれて私たちがチェックしていなければならないメ...

通勤ストレスは半端ない!在宅勤務で仕事満足度アップ

通勤ストレスは半端ない!在宅勤務で仕事満足度アップ

通勤時間が与えるメンタルへの悪影響 2014年に行われたイギリスの西イングランド大学ベン・クラーク博士、キロン・チャタジー博士らがまとめた「通勤時間とメンタルの悪化」に関する研究の解説をしていきます。 前回の続きの解説ですので、前回の記事(通勤時間が増えると休日がつま...

散らかった場所で作業をするとクリエイティブになれる!

散らかった場所で作業をするとクリエイティブになれる!

散らかった場所にもメリットはある 実は散らかったデスクでの作業をするとクリエイティブ思考になるという大きなメリットがあるのですが、デメリットとして不健康な生活習慣をしがちになるだらしのない性格になってしまいます。 2013年に行われたミネソタ大学カールソン経営大学院の...

衝撃的!左利きには天才とバカが多い

衝撃的!左利きには天才とバカが多い

左利きの人には IQ が高い人が多い 1980年に行われたアメリカにあるサンノゼ州立大学心理学部のロバート・A・ヒックス博士、クリスティン・M・デュセック博士らの研究では、左利きの子供にはIQが高い人が多く、成功もしやすいというデータが出ています。 IQ が132もあ...

通勤時間が増えると休日がつまらなくなるというヤバい心理的影響がある

通勤時間が増えると休日がつまらなくなるというヤバい心理的影響がある

通勤時間はプライベートにも悪影響 2014年に行われたイギリスの西イングランド大学ベン・クラーク博士、キロン・チャタジー博士らのまとめた研究によると、通勤の時間が増えるごとに仕事とプライベートの満足度が下がることがわかっています。 意外にも、長い通勤時間は仕事だけでは...

夜型人間の方が良い仕事に就きやすく、お金持ちにもなりやすい

夜型人間の方が良い仕事に就きやすく、お金持ちにもなりやすい

朝型と夜型、成功しやすいのはどっち? 「成功するために、あるいは勉強のために早起きをするべきか、夜遅くまで頑張るべきか」という話題は尽きないのですが、今回の研究は夜型に軍配が上がる話となっています。 ただし今回はもともとの性格と成功度合いの傾向を調べたものです。なので...

フレーミング(効果)とは?意味と使い方、関連研究を解説:心理学用語辞典

フレーミング(効果)とは?意味と使い方、関連研究を解説:心理学用語辞典

フレーミングの心理効果とは? フレーミング効果とは、たとえ同じ内容であっても、情報の提示方法の違いによって選択肢の好みが影響を受けて評価や意思決定が変わってしまう心理現象のことです。 同じことを言っているのに伝え方ひとつで印象が変わったように思えるのは、このフレーミン...

美男美女は仕事で成功しやすく年収も高い!外見格差の心理学

美男美女は仕事で成功しやすく年収も高い!外見格差の心理学

成功者には美男美女が多い テレビや雑誌などを見ていると著名人や成功者には美男美女が多くいることに気づきます。これは華やかな芸能界だけではなく、ビジネスの世界でも同じです。 この発見は私たちのただの気のせいでしょうか?たまたま美男美女がクローズアップされているだけかもし...

人と同じ目標を立ててはいけない心理学的な理由

人と同じ目標を立ててはいけない心理学的な理由

心理学的に正しい目標達成の方法 心理学の研究によると、目標の達成のための努力は間違えて解釈されているということがわかっています。 つまり、目標達成や新しい習慣の獲得が難しいのは、そもそものやり方が間違っているからなのですね。

目標なんて持つな!目標設定が生み出す6つのリスクとデメリット

目標なんて持つな!目標設定が生み出す6つのリスクとデメリット

目標を持つと不幸せになる心理がある 2009年にカリフォルニア大学サンディエゴ校のリサ D オルドネス博士、ペンシルバニア大学ウォートンビジネススクールのモーリス シュヴァイツァー博士らが行った研究によると、目標を決めることにも複数のデメリットがあることがわかっています。 ...

悪人になる心理、善人になる心理!心理操作で性格を変える方法

悪人になる心理、善人になる心理!心理操作で性格を変える方法

お金をイメージすると悪人になる 2013年にハーバードビジネススクールで行われたフランチェスカ・ジーノ博士の研究によると、お金のイメージは私たちの性格を悪くさせ、時間のイメージは逆に私たちに素直にさせてくれることがわかっています。 実験では、被験者の人たちに札束のイメ...

サイコパスが多い職場・職業ランキングとサイコパスの特徴

サイコパスが多い職場・職業ランキングとサイコパスの特徴

ファンクショナルサイコパスとは サイコパス研究を行っている心理学者のケヴィン ダットン博士によると、サイコパスの中にも「有能なサイコパス(ファンクショナルサイコパス)」と呼ばれる人たちが一定数いて、彼らの多くはうまく社会の中に溶け込んで成功者になっていることがわかっています...

超悲報!タバコは人の性格まで悪くしてしまうことが判明

超悲報!タバコは人の性格まで悪くしてしまうことが判明

タバコを吸うと性格が悪くなる タバコが健康に悪いのは周知の事実ですが、実は「タバコを吸うと性格が悪くなる!」ということもわかっています。 2019年にフランスのモンペリエ大学のヤニック ステファン博士、アメリカのフロリダ州立大学のアンジェリーナ R スーチン博士たちが...

人に好かれやすい上に年収も高い人が持つ身体的特徴とは?

人に好かれやすい上に年収も高い人が持つ身体的特徴とは?

身長の高い人ほど成功しやすい心理 身長の低い人にはツラい話なのですが、実は統計データを見ると、身長が高い人ほど成功しやすいという傾向が存在します。 私たちの心理には背の高い人を優秀だとみなし、その人に期待をかける癖があるので、背の高い人ほど社会に出て成功しやすいのです...

仕事ができる人はプライベートも充実する!リア充の研究

仕事ができる人はプライベートも充実する!リア充の研究

仕事も私生活も充実させる 仕事で成功を収められる人は、家庭内やプライベートでも幸せになりやすい傾向があります。 要領の良い人は仕事だろうとプライベートなことだろうと、なんでもうまくこなすことができるのです。