くるくるちょろちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

記憶力・記憶術

勉強系の読書をする上で大切なことは読書活用量を測ること

本を早く読む方法は一つだけ ジョージ・メイソン大学に勤める著名な経済学者のタイラー・コーエン教授の話す、経済学的に正しい速読方法は、「とにかくたくさん本を読むこと」です。やはり簡単に速読を身に着ける魔法はないようです笑。 これは以前にも解説…

速読学校に通って練習すれば速読を習得できますか?

速読を身に着けることは本当に可能なのか? 今回は「速読を教えているスクールに通って練習すれば、速読を身に着けることはできますか?」というフォロワーさんからの質問に答えていきます。 誰でも一度は身に着けたいと思う技術の一つが速読かと思います。…

祈ることで幸せに!?脳みそを活性化させる宗教の心理学

祈りの内容は自分に返ってくる 実は私たちの脳みそは、常に自分が行った行動をモニタリングしていて「その行動が道徳的に良い行いなのか、悪い行いなのか?」というのを無意識に判断しています。 こうして無意識に自分自身の行動に評価を与えているため、良…

今すぐ幸せになりたいのならたった20分間軽く運動するだけでいい

運動をするだけで人は幸せになれる 運動をするだけで人間は元気になれます。運動には身体的にも心理的にも大きなメリットがあるのです。 ポジティブ心理学で有名なハーバード大学のタル・ベン・シャハー教授も「運動をしないのは憂鬱になる薬を飲んでいるよ…

本当に性格が変わる!お守りを持っている人は粘り強い性格になる

スピリチュアルがもたらす心理効果 研究によると、迷信やジンクスといったスピリチュアルなものが、私たちに自信を与えるだけではなく、成績を向上させたり良い振る舞いをさせることがわかっています。 ハンカチや指輪などの小さくて持ち運びやすい幸運のア…

誰でも簡単に記憶力を30%もアップさせる方法とは?

幸運のお守り効果 今回は以前にも話しました、ジンクスやおまじないに関する心理学について解説していきます。気になる人はよかったら過去の記事を読んでみてください。 実は迷信やジンクスといったものが、心理的に影響を及ぼし、実際に私たちのパフォーマ…

忙しい人にオススメ!超短い瞑想、マイクロメディテーション

瞑想がもたらす効果 一口に瞑想と言っても、様々なやり方と効果があります。瞑想にはシンプルに心を落ち着かせるという効果がありますが、それだけではありません。 瞑想をするとストレスが消えたり、脳の機能がアップしたりします。それに伴って優しい性格…

マルチタスクは生産性を下げて認知機能にも悪影響を与える

マルチタスクは仕事を遅くして頭も悪くする マルチタスクは生産性を下げてしまいます。過去の研究では、マルチタスクによって仕事の生産性が40%低下したり、IQが下がったりすると言われています。 しかし、テクノロジーが進化するにつれて私たちがチェック…

左利きに天才が多いという話は本当か?を調べた脳科学研究

左利きは天才なのか? 左利きの人の特徴について、前回はハーバードの研究(左利きの人は年収が低く、頭も悪くなりがちだった)をもとに解説しました。気になる人はそちらを先に読んでみてください。 今回は「左利きの人には本当に天才が多いのか?」という…

バラード曲を聴くと頭が良くなる!という不思議な脳科学研究

ゆっくりしたリズムの曲を聞くと頭が良くなる! イギリスの臨床心理学者エマ・グレイ博士によると、50〜80BPMのゆっくりとしたリズムの音楽を聴くと頭が良くなって学校の成績が上がることがわかっています。魔法のような心理学ですね。 2013年に音楽ストリー…

運動で記憶力がアップして脳の機能が高まる!という脳科学研究

運動は認知能力をアップさせる 運動は情動と認知の機能を高めてくれる!という研究論文によると、19〜93歳の参加者たち合計144人を対象にした実験で、軽い運動をするだけでも、短期的な記憶をつかさどるワーキングメモリの機能が鍛えられることがわかってい…

マインドフルネス瞑想で集中力が50%もアップする!脳科学研究

マインドフルネス瞑想で認知機能がアップ 今回はマインドフルネス瞑想を行うことで認知機能を向上させることができる脳科学研究を紹介します。集中力が足りなくて困っている人は、今回の研究を参考にしてみてください。 2010年にアメリカ、ウェイクフォレス…

血糖値が高いと記憶力が悪くなり認知症のリスクも2倍上がる

高血糖で脳みそにダメージ ドイツで行われた研究によると、血糖値が高いと記憶力も悪くなる可能性が示唆されています。 高い血糖値が体に悪いのは周知の事実ですが、体だけではなく脳みそにまでダメージが及ぶ可能性があるのです。

たった数分昼寝するだけで記憶力がアップする!

昼寝をした方が学習効果が高い 勉強したことを記憶にとどめたければ、徹夜をして学習し続けるのではなく、きちんと眠って脳みそが情報の最適化をする時間を作る必要があります。 睡眠は休息しているだけではなく情報の処理も行っているので大切なのです。 …

頭が悪くなってボケやすくなるダメな習慣が判明

不安で認知能力が低下する 連日のコロナウイルスの報道やコロナウイルスに関連したネガティブな話で不安感が募りやすくなっているかと思います。 ただ当然のことながら心理学的には不安は健康に良くありません。実は不安感が強い人ほど将来ボケやすいという…

本当に若返る効果あり!いつまでも若くて健康的な自分を保つ方法とは?

若さを意識すると本当に若くなる 心理学の研究から、自分はまだ若いという感覚を持つことは心身の健康に良いことがわかっています。 たしかにいつまでもすべてが若いときのまま変わらないと思っていたり、自分の能力が変わらず通用すると思い込むことは危険…

心理学の知識を使って効率良く勉強するための方法!学習の心理学 まとめ

学習に関する心理学まとめ 学習の心理学についてまとめました。勉強をする前に読んで効率的な学習方法を実践していってください。 ここではただ盲目的に勉強に向かうだけでなく、心理学や脳科学の知識を利用して作業効率を高めながら勉強していく方法を紹介…

勉強好きになる心理学!楽しい勉強は学習効果が高い

脳みそは実は勉強が好き 勉強が嫌いというのはよく聞く言葉です。しかし、私たちが人間である以上は勉強が嫌いということはありえません。 なぜなら人間の脳みそというのは何か新しいことを学ぶと喜ぶようにできているからです。

運命の正体は心理にあった!人は都合のいいことしか記憶しないバイアスの心理学

運命の心理学的な正体 「運命はあるのか、ないのか?」誰でも一度は考えたことがあるかと思います。今回は運命の心理学について話していきます! あるいは別の言い方をすると、心理学的に見て運命を感じるというのはどういう現象なのかについて話していきま…

不安が消えて成功体験だけが記憶に残る!不安と恐怖に打ち勝つための失敗の心理学

失敗は成功の記憶で上書きされる 実は私たちが新しい技術を習得するとき、脳が失敗の記憶だけを消去することにより、成功した記憶だけが残って技術が上達していくことがわかっています。 練習中に何度も失敗を繰り返して最終的には上達するのはこのためです。…

モテるだけじゃない?見た目のいい人が頭もいい理由とは?ルックスと能力に関する心理学

見た目がいい人は中身もいい 以前、見た目がいい人は異性にモテるだけではなく収入も多くなるということを話しました。 しかし実はこれだけではなく、見た目がいい人は異性にモテて収入が高い上に勉強ができて頭も良いのです。これぞ至りに尽くせり。何とも…

記憶に残りやすくなる勉強術!話を自分ごと化をすると勉強の効率がアップする

記憶に残りやすくなるパーソナライズ音読 今回は脳科学的に正しい英語の学習方法について話していきます。 効率的な英語の学習方法の一つとしてパーソナライズ音読と呼ばれる手法が学習効果を大きく高めてくれるということがわかっています。

想像力が高いと幸福度も高い?想像力を上げてクリエイティブな脳みそになるための科学的トレーニング方法

想像力が上がる科学的トレーニング方法 クリエイティブな脳みそというのは訓練次第で誰でも自由に作れます。独創的なひらめきは、それを生まれつき持っている人たちの専売特許という訳ではないのです。 実はものを考える想像力とものを作る創造力には相関性…

記憶力が上がる裏ワザ!勉強したことを記憶にしっかり留めたいなら運動すると良い!

記憶力をアップさせるコツ せっかく長時間勉強をしても、本番でその実力を発揮できないと学んだことにはなりません。勉強したことは頭の中に残らなければ意味がないのです。 つまり長時間苦しんで勉強をすることよりも、学んだことをいかに記憶に定着できて…

本と記事を読むスピードが上がる!速読の脳科学的な仕組みとやり方を簡単に解説

文字を早く読む方法は存在しない 速読について質問を受けたので、科学的に認められている速読の方法と本の読み方について、簡単にですが書いてみます。よかったら書籍を読破する際にお役立てくださいな。 本をもっと早く読めたらいいな、と思っている人は多…

あることがずっと気になって仕方がない理由!ツァイガルニク効果とは?意味・使い方・研究・関連用語を解説:心理学用語辞典

ツァイガルニク効果とは? ツァイガルニク効果とは、未完了あるいは途中で邪魔をされた課題の方が、すでに完了した課題よりも思い出しやすいという心理現象のことです。発音表記の違いから、ツァイガルニック効果、ゼイガルニク効果、ゼイガルニック効果とも…

メモの魔力!前田裕二のメモ術の科学的に正しいところを心理分析してみた

メモを有効活用するための心理テクニック 12月21日に新R25で公開された前田祐二さん(SHOWROOM社長)の記事が面白かったので、ポイントを抽出して心理分析してみました。元の記事を読みたい人はリンクから飛んでください。 ※本記事は、メモの魔力/前田祐二 …

音楽を聴くと心理的に本当に良い効果がある

音楽を聴くと心理状態が変わる! 実は、音楽と心理は相性が良いです。 音楽を効果的に使うことでやる気をあげたり、元気を取り戻したり、緊張を和らげることもできます。 そこで、自分が元気になったり勇気がもらえるようなお気に入りの一曲をストックしてお…

実は失敗から学ぶ方が効率的!成功よりも大事な失敗の心理学

失敗してもひどく落ち込む必要はない 成功と失敗、どちらの方がより豊富な知識と経験が身につくのかということは実はすでに判明しています。 学びの過程としてより重要で、なおかつ私たちの脳みそに鮮明に刻まれるのは失敗の記憶と事例です。人は、成功から…

脳に悪いゲームと脳に良いゲームの違いとは?

ゲームは脳に悪いは本当? テレビゲームは脳に悪影響を及ぼしていると昔からよく言われています。 過去にはゲーム脳という言葉ができるほど、脳みそへの影響が不安視されていたテレビゲームですが、実際のところどうなの?という研究について今回は紹介しま…