くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

社会心理学

会話の盛り上げて好きな人と仲良くなるための心理学!

相槌を打つだけで好きになる 話に集中しすぎて表情をおろそかにしていないか 相槌を打つと好かれるようになる 話し方を変えて会話を充実させることができる 相槌を打つだけで好きになる 多くの人がわかっていても、意外と意識してやっていない好意的なしぐさ…

幸せとポジティブな心理はまわりに伝染する

好意と感情は人に感染する 笑顔につられてポジティブに見えるようになる 明るく元気な人に惹きつけられる理由 好意と感情は人に感染する 「たとえ楽しくなくても、笑っていれば気持ちが楽しくなってくる」という心理現象は有名ですよね。 まるで美味しい食べ…

逆に子どもを傷つける!親が我慢をしてはいけない心理的な理由

親の嘘は子どもに必ずバレる 親がストレスを抑えると子供がストレスを感じる 親のストレスは子供に伝染する 父親よりも母親の感情に子どもは敏感 落ち込んだ親が取るべき正しい行動 我慢すると子どもに嫌われてしまう理由 丁寧に説明をしてあげることがポイ…

成功者が嫌な人になってしまう心理的な理由

クリエイティビティは最も求められている能力 創造性が高いと不誠実になる 成功者の性格が悪くなる心理的な理由 特別扱いされることで強化される心理 悪さをしやすい人を調べた実験 成功者を特別扱いする人は6倍の悪さをする 創造性が悪事と結びつくときの心…

保守派の支持者にはネガティブな怖がり屋さんが多い

保守的な人の性格的特徴 ネガティブバイアスが強い人は保守的になる 良い面より悪い面に反応しやすい 怖がりな保守派がダメというわけではない 参考論文 保守的な人の性格的特徴 異なる政治的思想や見解を持つ人たちが繰り広げる論争は、どこにでもあり、根…

森元首相「女性の会議は長い」の心理を解説

女性の方がおしゃべりは本当か? 女性の方が時間をかけるのが好き 女性の方がゆっくり話すのが好き 男女の心理は思い込みがほとんど 女性の方が発言しにくい社会構造 女性は男性よりも25%も発言量が少ない 長い会議が悪いとも限らない 参考論文 女性の方が…

嫌味を言ったり愚痴をこぼす人の本心は?

社会の中で生きるために重要なソーシャルサポートとは? ソーシャルサポートを受けられない人は心も体も不健康になる ソーシャルサポートが受けられない人たちの特徴 頼みごとが下手な人は間接的な支援をしてしまう 間接的な支援とは? 自尊心が低いと嫌味っ…

普通のデートの2倍も仲良くなれるデートが発見された!

カップルが仲良くなるデート ゲームグループとアートグループ 絵を描いたカップルは2倍も愛情ホルモンが増えた アートの共同制作で仲良しになれる理由 二人で何かを作りあげることが大切 参考論文 カップルが仲良くなるデート 今回は、恋人と仲良くなるため…

正しいことを言う政治家が信頼されない心理的な理由

正論を言う人は信頼されない? 政治的な発言をする人を評価した 正しいことを言う人は信頼されにくい 好みや政治的思想に関係なく評価が下がった 極端な思想家は都合が良い発言だけを信じる 正しいことを言う人が信頼されにくい理由 差別的な人は正直に見え…

人は赤ちゃんのときから差別されていることが発覚

人種の違いで生存率はまったく違う 黒人の赤ちゃんの死亡率は白人の赤ちゃんの2倍 黒人の赤ちゃんの生存率が低い理由 人種の不一致で黒人の赤ちゃんの死亡率は3倍に 人種の一致でコミュニケーションが増える 無意識下の人種差別 日本に比べてアメリカの乳児…

中年の人は超幸せで成功しやすい

中年は最高 中年期が最高の時期になる理由 現代の中年は歴史上最高の人生を味わっている 中年期を最高にする科学的なヒント これまでに学んだことについて考え、利用する これまでの自分自身について知ったことを活かす 臆することなく新しい変化を起こす 新…

アラフォーに朗報!中年期は人生の最盛期だった

中年に危機はない? 中年の危機を感じるのは一部 中年はむしろ人生の全盛期 人は年を取るほど幸せになる 参考論文 中年に危機はない? 「中年の危機」という言葉があります。これはだいたい、30代の後半から40代前半にかけて価値観の転換や欲求の変化が起き…

【差別問題】マイノリティーが受ける日々のストレスは、彼らの健康を害し寿命を縮める

赤ちゃんが安全に産めないアメリカ 意外かもしれませんが、アメリカは、妊産婦の死亡率が一向に下がらないという問題を抱えています。数字にして、出生数10万人当たり約14人の母親が命を落としています。 ちなみにアメリカと比べると日本の妊産婦死亡率は約3…

他人から信じてもらいやすい人たちにはこんな特徴があった!

信頼されやすい人の特徴は顔 「あなたはどこにでもいそうな平凡な顔をしてますよね」と言われるとがっかりしたり腹が立つかもしれませんが、実は平凡な顔つきには生きていくうえで大きな利点があることがわかっています。 美しくもなければブサイクとも言わ…

間違いだと感じても偉い人の命令には逆らえない心理

9つの心理的影響力 アメリカの社会心理学者であるフレンチとレイヴン、日本の社会心理学者である今井の研究によると、心に影響を与える要因となる心理的影響力の種類は10つあります。 賞影響力 強制(罰)影響力 専門影響力(専門的知識) 正当影響力(高い地位や…

新型コロナウイルスのストレスが多い人ほど夢を見る頻度が増える

夢を見る回数が世界で増加中 フランスにある、リヨン神経科学研究センターの研究によると、新型コロナウイルスのパンデミックによって、夢を見る回数が35%増加していることがわかっています。さらに、悪夢を見る頻度も15%増えているようです。 以前にも話し…

あなたが孤独な理由はこれかも?不安を感じやすい人は他人を信じない!

不安を感じすぎると孤独になる 不安傾向が強い人ほど人を信じない性格になってしまいます。人を信じられなくなると社会生活が営めなくなるので経済的に成功しにくく、自身の健康状態にも悪影響を及ぼしてしまいますので、不安を感じやすい人は注意してくださ…

ヤバすぎる!気づかれずに世論を操作するSNSプロパガンダ

プロパガンダツイートの特徴 前回は怪しいプロパガンダツイート、フェイクニュースの見分け方について説明しました。今回はプロパガンダツイートの解説をしていきます。 おさらいしますと、ジョージア工科大学の研究によるとプロパガンダツイートには以下の4…

その情報は嘘?本当?SNSの投稿が正しいかどうかを見分ける方法

その投稿は嘘?本当?見分けられる? 最近は日本でもTwitterなどで政治的な意見が積極的に飛び交うようになりました。ネット世論によって実際に政治に影響を与えています。 また新型コロナウイルス関連の情報では嘘やデマも飛び交い混乱も起きました。

忙しさは幻想のせいだった!思い込みだけで忙しく感じてしまう現代心理

忙しい人は世界に増えている イギリスでの調査によると、イギリスにいる約80%もの人たちが「忙しすぎて、友達と遊ぶ時間も寝る時間もない」と答えています。日本以外でも、同じように働き過ぎて時間がないと感じている国はあるんですね。 ほかの国でも似た…

通勤時間が長いだけで離婚が増える!という恐ろしい研究

通勤時間はメンタルに影響大 通勤時間は意外と私たちのメンタルに影響を与えている大切な要素です。 研究によると、実は通勤の条件というのは、お金や人間関係と同じくらい私たちの幸福を左右している大事な要素であることがわかっています。

許して!早起きが苦手な若者が多い遺伝学的な理由

人が持つ体内時計のシステム 私たちはみんな体内に概日リズムを刻んでいる時計を持っています。私たちの活動をコントロールしているこのマスタークロックは、脳の視床下部にある翼状(あるいは卵形)の視交叉上核という場所にあります。 視床下部は、交感神…

新型コロナウイルスのデマや誤情報を信じてパニックが起きてしまう心理的理由

ネガティブな情報は嘘でも拡散されやすい 新型コロナウイルス関連の誤情報や不安を煽る話ほど多くの人の目に留まるように拡散されていますが、これには人間の心理が関係しています。 憂鬱なニュースばかり取り上げられ、SNSでも偏った意見や恐ろしいデマが出…

早起きできるかどうかは遺伝子の問題!朝型と夜型、クロノタイプの話

朝が苦手なのは遺伝子のせいだった カリフォルニア大学の神経遺伝学者ルイス・プチェク博士が、早起きな家族の遺伝子を調べるという研究を行ったところ、早起きをする人特有の染色体を発見しました。 同様に夜更かしをしがちな家族の遺伝子を調べたときにも…

夜更かしをする人は新人類で優秀な遺伝子を持っている可能性!

夜型人間が成功しやすい科学的理由 朝型の人に比べて夜型の人の方が賢かったり成功しやすいという研究に対して、イギリスの進化心理学者であるサトシ・カナザワ博士は、進化によって人類が夜行性を取得してきたからだと説明しています。 つまり、夜型の人た…

人間関係に疲れないための心理学的メンタルコントロール術

人間関係の疲れを防ぐ方法 今回は、前回に解説した本当の自分とは違う自分を演じることで起こる「キャラ疲れ」という心理的な問題を解決する方法について話していきます。 前回の心理学を簡単に振り返ると、キャラ疲れが起こると以下のような肉体的・精神的…

迷惑をかけられたらラッキー?迷惑を受けた時の対処法

迷惑をかけられるメリット 迷惑をかけた相手のお願いは聞いてしまう 迷惑を受けたときのダメージを最小にする 迷惑をかけられるメリット どんな人でも他人から迷惑をかけられたら、不快な気持ちになったり腹が立ってしまうかと思います。 迷惑をかけられて損…

本当の自分とは違う、嘘の自分を演じると体調が悪くなる

キャラ疲れは自律神経のバランスを崩す 「噓も方便」という言葉があるように私たちが社会的な生活を営むためには多少の嘘や演技は必要であるとされています。 過去の心理学の研究でも、嘘をうまくつける人ほど人間関係が豊かになり対人関係も起こしにくいと…

孤独はなぜ体に悪いのか?孤独と人間関係の心理学

孤独はなぜ体に悪いのか? 今回は孤独の心理学の続きです。前回同様に2010年にアメリカにある名門ブリガムヤング大学心理学部のジュリアン・ホルト=ルンスタッド博士、ティモシーB.スミス博士らが行ったメタ分析研究をもとに解説していきます。 前回のことを…

心理的にも孤独は危険!タバコと同じくらい健康に悪く、死亡率も上がる

孤独は心身の健康に悪い 実は心理学業界の間では、孤独は心にも体にも良くない!と昔からよく言われています。 個人の社会的つながりの質と量は、精神的な健康面だけではなく、実は病気の罹患率と死亡率の両方にも関連しているのです。