くるちょろ心理学研究所

心理学・医学・経済学の研究論文の解説と考察をしています

疲れ・疲労・倦怠感・憂鬱・落ち込み

【セルフコンパッション】セルフコンパッションを実践するときのコツを解説

セルフコンパッションの練習のコツと注意点 痛みを消そうとすると逆に強化されてしまう バックドラフトとは? バックドラフトが起きたときの対処法 参考論文、資料 セルフコンパッションの練習のコツと注意点 前回は「セルフコンパッションと甘え・わがまま…

【セルフコンパッション】セルフコンパッションと甘え・わがままの違いを解説

セルフコンパッションは自分勝手になることではない 一時的な快楽ではなく長期的な幸福を目指す 自虐的アプローチとは? 自虐的アプローチの問題点 セルフコンパッションは現実を受け入れるのに役立つ 参考論文、資料 セルフコンパッションは自分勝手になる…

【セルフコンパッション】間違ったセルフコンパッション、間違った思いやりとは?

「思いやり」と「かわいそう」の違い 自己憐憫を感じると自己中になる 自己憐憫を感じると孤独になる 自己憐憫を感じると視野が狭くなりネガティブになる 思いやりは心の余裕を生む 参考論文、資料 「思いやり」と「かわいそう」の違い 前回は「心理学的に正…

【セルフコンパッション】セルフコンパッションを持つための3つのポイント

セルフコンパッションに必要なものとは何か? 自分への優しさを持つ(自己批判をしない) 失敗は避けられないことである 現実の否定は自己批判につながる 共通の人間性を持つ(孤立する考えを持たない) 誰もが不完全で苦しんでいる マインドフルネスになる…

【セルフコンパッション】心理学的に正しい思いやりの方法とは?

思いやりとは? 人の気持ちを理解し、共感し、優しく反応する 人間は不完全な存在であるという認識 他人に優しくするように自分に優しくする 人が変わろうとするのは今のままでは無価値だからではない 受け入れがたい現実を受け入れることが優しさにつながる…

【認知行動療法】ストレスコーピング(ストレス対処法)について解説

ストレスの良い面と悪い面 ストレスの良い面、メリットとは? ストレスの悪い面、デメリットとは? ストレスを解決する、回避する ストレスをすぐに解決できないときの対処法 ストレスに対処する 自分だけのストレスコーピングリストをつくる 気分によってス…

【認知行動療法】何が原因になる?ストレスの種類と症状についての解説

ストレス状況とストレス反応 物理的ストレス状況とストレス反応 心理的ストレス状況 意外な心理的ストレス状況 ストレスに対する心の反応 ストレス状況に対する最初の反応 ストレス状況が長びいた時の反応 ストレスに対する体の反応 参考論文、資料 ストレス…

【認知行動療法】自分を理解する!気分を変えるために重要なセルフモニタリングについて解説

セルフモニタリングとは? セルフモニタリングの効果 セルフモニタリングのやり方 セルフモニタリングで気分の浮き沈みを軽くする セルフモニタリングで気持ちの落ち込みに取り組む セルフモニタリングで睡眠の質を高める 睡眠のコツ 寝床につくタイミング …

【認知行動療法】バランス思考を身に着けるための認知再構成法を解説

認知のゆがみ、考え方の偏りにはパターンがある 認知のゆがみが生まれる8つのパターン 咄嗟に生まれた考え(自動思考)に「ツッコミ」を入れていく ツッコミ法その1 ~探偵法~ ツッコミ法その2 ~博士法~ ツッコミ法その3 ~江戸っ子法~ 考えの振り返り(…

【認知行動療法】自動思考、認知再構成、バランス思考とは?

バランス思考と認知の再構成とは? 感情と考え方の関係~考え方が感情をつくる~ 嫌なことが続くとネガティブな思考になりやすくなる 出来事と考えを分ける 出来事とは? 考えとは? 自動思考(咄嗟に頭に浮かぶ考え)とは? 自動思考と反芻思考とうつ病の関…

【セルフコンパッション】自分を思いやる!セルフコンパッションを心理解説

セルフコンパッションとは? セルフコンパッションを構成する3つの要素 自分への優しさ 共通の人間性 注意力、マインドフルネス セルフコンパッションに似ているが異なるもの セルフコンパッションの心理的効果、影響は? 参考論文、資料 セルフコンパッショ…

【認知行動療法】体をリラックスさせるための漸進的筋弛緩法を解説

リラックス法(漸進的筋弛緩法)とは? 漸進的筋弛緩法のやり方 基本的な姿勢 手のリラックス法 腕のリラックス法 首のリラックス法 肩のリラックス法 上半身のリラックス法 背中とおなかのリラックス法 脚のリラックス法 全身のリラックス法 横になって行っ…

【幸せ思考】幸せな人ほど物事を単純に考えて嫌なことはすぐに忘れる

物事の捉え方次第で幸せは決まる 物事を単純に考えると幸せになれる 反芻(はんすう)思考とは? 反芻思考が起きたときの対策 過去の失敗は潔く受け止め、さっさと忘れる 忘れる前に対策を立てておく 物事の捉え方次第で幸せは決まる みなさんは物事を単純に…

運動嫌いの秘密は脳みその違いにあります!HIITの心理効果とは?

運動嫌いはなぜ起こる? 運動嫌いな人は脳内物質が作用しにくい 無理に運動しても嫌いになる 激しい有酸素運動の方が人間は好き 参考論文 運動嫌いはなぜ起こる? 運動が好きな人と嫌いな人がいます。健康のことを考えると運動はしなくてはいけないので、で…

【やらなきゃ大損】感謝がもたらす健康効果まとめ

やらないと損する感謝の科学 感謝の日記でストレスが3割減少する ストレスホルモンのコルチゾールが23%低下する 心不全患者の炎症レベルが7%減少する 感謝の数を数えることでうつ病のリスクが41%減少 感謝の日記で25%のダイエット効果がある 脳みその病気を…

これが起きたら要注意!ストレスが原因で起こる18の変化

心理学会のストレスチェックリスト 行動に見られる5つの変化 お酒とタバコの量が増えていないか? 食べ過ぎていないか? 孤独になっていないか? 気分に見られる6つの変化 よく悲しんでいないか? 無気力になっていないか? 集中力がなくなっていないか? 肉…

うつ病が発症する理由が判明!?うつ病はウイルスが起こしていた?

うつ病はウイルスが運び込んでくる病気 過労や強いストレスといったものが気分を落ち込ませたりうつ病を引き起こすことは以前からよく知られていたのですが、意外にも過労がうつ病につながることは立証されていませんでした。 しかし最近になって日本の研究…

あなたは大丈夫?本当はやってはいけない、間違ったポジティブ思考

間違ったポジティブ思考 今回は「世間でよく言われるけれど実際には間違っているポジティブ思考」について解説していきます。 今回のポイントは以下の3つです。 仕事を楽しまない 自信を持たない 行動だけを評価する 意外なアドバイスも入っていますね笑。そ…

悲しみにさようなら!嫌なことは紙に書いて破り捨てると忘れられる

嫌なことは紙に書いたほうがいい スペインのマドリード自治大学の研究によると、嫌なことを紙に書いて破り捨てるだけでも嫌な記憶を忘れる効果があることがわかっています。 嫌な出来事を紙や日記に書くと良いというのは過去に行われた数々の実験で証明され…

間違ってる!将来の夢や目標を持ってはいけない心理学的な理由

大きな夢や目標を持ってはいけない 「大きな目標や夢を持った方が人生は楽しい!」というような話はよく聞きますし、成功した経営者の人もよく言っていますが、実はこれは逆効果になることがわかっています。 大きな目標を持つどころか、そもそも目標にこだ…

本を読むことで幸福度が増えてメンタルヘルスが改善する!という英研究

定期的な読書が幸福度と健康度を上げる 読書には不安な気持ちを減らす効果がある 読書は認知症予防にもなる 定期的な読書が幸福度と健康度を上げる リバプール大学の「Centre for Research Into Reading, Literature and Society(読書、文学および社会の研…

マルチタスクをすると時間がないと思い込んで不安も大きくなってしまう

マルチタスクが生み出す悪影響 忙しさはマルチタスクが生み出した幻想だった!という心理学の続きの解説です。今回はさらにマルチタスクの悪影響について話していきます。 簡単に前回のことを振り返りますと、世界中で多くの人が自分は忙しいと感じているの…

マルチタスクは逆効果!忙しくなる原因はマルチタスクにあった

なぜ忙しくなってしまうのか? 現代人の忙しさは幻想だった!という心理学の続きの解説です。今回は忙しさが生まれる心理的な原因について話していきます。 簡単に前回のことを振り返りますと、多くの人が忙しいと感じているのですが、実際には私たち現代人…

忙しい人にオススメ!超短い瞑想、マイクロメディテーション

瞑想がもたらす効果 一口に瞑想と言っても、様々なやり方と効果があります。瞑想にはシンプルに心を落ち着かせるという効果がありますが、それだけではありません。 瞑想をするとストレスが消えたり、脳の機能がアップしたりします。それに伴って優しい性格…

通勤ストレスは半端ない!在宅勤務で仕事満足度アップ

通勤時間が与えるメンタルへの悪影響 2014年に行われたイギリスの西イングランド大学ベン・クラーク博士、キロン・チャタジー博士らがまとめた「通勤時間とメンタルの悪化」に関する研究の解説をしていきます。 前回の続きの解説ですので、前回の記事(通勤…

通勤時間が増えると休日がつまらなくなるというヤバい心理的影響がある

通勤時間はプライベートにも悪影響 2014年に行われたイギリスの西イングランド大学ベン・クラーク博士、キロン・チャタジー博士らのまとめた研究によると、通勤の時間が増えるごとに仕事とプライベートの満足度が下がることがわかっています。 意外にも、長…

マインドフルネス瞑想で集中力が50%もアップする!脳科学研究

マインドフルネス瞑想で認知機能がアップ 今回はマインドフルネス瞑想を行うことで認知機能を向上させることができる脳科学研究を紹介します。集中力が足りなくて困っている人は、今回の研究を参考にしてみてください。 2010年にアメリカ、ウェイクフォレス…