スポンサーリンク

やめたいことをやめるための習慣の心理学

SNSでコメント待ってます

人気の心理学

exotic-beach-background

今回は生活習慣を変える方法について

残業、勉強、運動、ゲーム、食事、片付け、アウトプット、単純作業、テレビ、SNSなどなど。自分の時間を使ってやっていることを全部書き出してみる。で、自分の生活の満足度を上げるためにはどれを減らし、どれを増やせば良いかなって考える。

自分の中で何かを変えようと思ったときにそれを行動に移すことは人によってはけっこう難しい。またそれを習慣として続けることはもっと難しい。

私たちはそもそも、何か新しいことを始めるにあたって、そのために必要な時間とエネルギーを確保しなければいけない。新しい習慣を増やすのであれば、それと引き換えに古い習慣をひとつなくさなければいけないのだが、私たちは意外とこのことを意識していなくて何となく頑張ればできると思い込んでしまいがち。



というわけで今の自分の行動をわかりやすく文章としてアウトプットしておいて、
そこから古い習慣を削る作業をするというのがテクニックとして役に立つ。

私たちは普段の生活の中で、自分自身で考えてみても”いらない”と思うような行動をたくさんとっている。これは人間はエネルギーを保存するためにできるかぎりラクをしようとする法則が働くので仕方のないこと。だから自分から意識してダメな習慣を排除していくという作業が現代の生活には必要なのでしょうね。

やめたいことをやめるための習慣の心理学
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず