スポンサーリンク

ストレスを下げても意味がない理由。ストレスは解消するのではなく、解決するもの。

最近の心理学の研究では、実は幸福度が高い人ほど強いストレスを受けていることが分かっている。つまりストレスレベルは本質的な問題ではなく、感じているストレスとどう向き合うのかがその人の健康状態を左右する上で重要だということ。

ストレスレベルを下げたりストレスを発散するのは応急処置程度の効き目しかなく、骨折をしたら病院に行くように、問題解決のアプローチを自分からしていくことが必須。ストレスを現状維持の言い訳ではなく、自己成長への動機付けにするという感じ。

米国の労働者の60%以上が毎週の平日のうち、平均3日以上でストレスを感じているという。ストレスの原因となっているのは何なのだろうか?回答者の80%以上は、「仕事」だと答えた。自宅で過ごせる時間が減ることが主な理由だという。中小企業向けの給与
The following two tabs change content below.