スポンサーリンク

「お前のことなんか誰も見ていないよ」自意識過剰の弱虫たちに捧ぐ

怒られて責められて、それを嘆く人がいる。迷惑をかけたから嫌われた、人に迷惑をかけている自分が嫌になった。怖くなって、同じ間違いを繰り返し、人と関わるのも自分から行動するのも嫌になる。そんな人たちに伝えたい言葉がある。

「お前のことなんか誰も見ていないんだぜ」

世の中には自分のやったこと、その多くは失敗や些細なミスということになるが、それに対して人からコメントをもらうと自分自身の存在が批判されたと勘違いする人がいる。そして日本に住んでいて思うのは、そういう人がけっこう多いような気がする。

スポンサーリンク

あなたではなく、その行動に対して評価しているにすぎない

何か失敗をしたとき「これはダメだよ」(あるいはもっとひどい言い方でもいいが)と言われたら、その行動そのものとその行動が引き起こす結果についてダメ出しをもらっているのであって、その行動を取ったあなたを否定するものではない。

にも関わらず、失敗を指摘されたり修正案を提示されただけで精神的に凹んでしまうのは自信過剰という精神疾患ということになる。

あるいは相手が伝えようとしている意味をうまく受け取る能力が低いから、そういう意味として受け取ってしまっている。

もちろん、きつい言い方をする人もいるし明らかに人権侵害的だったり存在を否定するような言葉を投げかけてくる人もいるし、そういう状況もある。だがそういう場合にも選択肢としては、相手を訴えて状況を変えるか、相手が否定する部分を修正して状況を変えるかしか道はない。相手のいないところで愚痴をこぼすということは何の解決にもならないし、人生が嫌になった人が自暴自棄になって物理的にナイフで人を傷つけたり麻薬に溺れるのと方向性としては変わらない。あなたはそれでいいのか?と私は思う。

もちろん、私たちは人だから感情を持ち、間違いを指摘されたら反射的に凹んでしまうこともある。でもそれは行動に対しての評価であって私たち個人の存在に対しての評価ではないということは私はいつでも理解しておきたいと思うし、ストレスを抱えていて困っている人にたち伝えたいことでもある。

「あなたのことなんか誰も見ていない。みんなはあなたのやっていることを見ているだけ」

自分という存在は変えられなくても、行動は変えられる。

自分と行動を切り離して考えることができれば、相手の評価も素直に修正案の一部として受け入れることができるようになると思います。そしてそれは我慢とは違います。

フォローする

スポンサーリンク