スポンサーリンク

瞑想は脳みそを本当に大きくする。賢くなりたければ瞑想するといい

スポンサーリンク

瞑想に関する書籍を読んでいてすごいなと思ったのは、瞑想を続けることで物理的に脳みそに変化が訪れるということだ。

数値化された能力や行動の結果を比べて、「あ、今回は増えてるね」とか「これをするとみんなこういうことをする傾向があるね」というのではなく、本当に見た目に脳みそが大きくなるのというのだから驚いた。

脳みその灰白質という神経ネットワークが存在している部位が瞑想をし続けることによって、筋トレで筋肉がつくみたいに肥大化していく。例えとして脳みそは筋肉のようだと最近ではよく言われるが、筋肉と同じような変化が物理的にも起きていたのだ。

やらなければいけないことが好きになる

具体的なことで説明すると、勉強をしようと思っているのについつい遊んでしまう人が、少しでもいいから勉強を始めたとする。たとえそれがほんの小さな一歩でもそれを続けていくことでだんだんと勉強をするという部分の灰白質が大きくなっていき、遊びの誘惑に勝ちやすくなるのだ。

感覚的なことで言っても、「なんかやる気出ないなー。でも1分だけやろう」というような気持ちから「勉強楽しいからやりたい!」という気持ちが持てるようにレベルアップしていく。

この一連の流れが学習なのだけれど、それをサポートする(より効果が出やすくなって勉強好きになるのが早くなる)のはが瞑想ということだ。

海外の研究によると、瞑想の練習を(練習でいい)3時間行っただけで自制心と注意力が向上したという結果が出た。

自制心は誘惑に打ち勝つ力、注意力は成長するのに必要な気づきを与えてくれる力。

その2つが向上したことで自然と作業自体に興味を持ったり能力が開花していったりするというわけだ。

自己認識も増える

また別の研究で瞑想を週間続けたところ、自己認識の度合いが向上し脳内の自己認識を司っている灰白質が増えているのがわかった。自己認識は別の言葉ではセルフモニタリングと言って、自分を客観的に判断できる能力のことを指す。これが低いと自堕落な習慣を身につけてしまったり、まわりにいる人を不用意い傷つけてしまうということが起きる。

自分のためにもまわりの人のためにも、瞑想は役立つということだ。それも毎日たったの5分続けるだけでも効果があるのだからやらない手はないなと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で