スポンサーリンク

モテる理由は顔か性格か問題に答えが出た。それは恋人関係でも仕事関係でも同じ!

SNSでコメント待ってます

人がモテる要素は顔(外見)なのか、性格(中身)なのか論争は昔からありますし、飲み会とか友人たちとのちょっとした会話の中でもよく話題になりますよね。実は、これには科学的なデータに基づくひとつの答えがあるのです。今回はそういうお話です。

今回のお話はこれからの人生でどこに力を入れていけばモテるようになるのかといったところから、恋人・家族・友人・仕事関係においても相手と長く付き合うためのコツが学べます。

ある条件においては顔よりも性格がずっと大切

人間関係において短期的な付き合いを求める場合、私たちは相手の顔の魅力を重視するのに対し、長期的な付き合いの場合は相手の性格を重視することがわかりました。これはアメリカのオレゴン州にあるポートランド州立大学のマーガレット ブラウン博士の研究です。これは思わずガッツポーズを取ってしまいたくなるような研究結果ですね。

さらに似たような結果は他の心理研究でも発見されています。

例えば、オーストラリアのウェスタン シドニー大学のピーター ジョナサン博士も、短期的な付き合いでは「顔と体の魅力」が重視されるけれど、長期的な付き合いにおいては「真面目さ、誠実さ、明るさ、優しさ」などの内面が重視がされると言っています。再びガッツポーズの時間です。みんな、一緒に内面を磨こうぜ!

臆病で慎重な人の方がモテる

次に、アメリカのニューキャッスル大学のカトリーナ シルベスター博士は、モテる性格について調べました。調査では大学生352名を対象に、大胆で積極的な性格の人物と、臆病な人物のプロフィールとをつくり「恋人としてふさわしいのはどちらか?」訊ねました。その結果、ちょっとだけ付き合うのなら大胆な性格の人がいいけれど、長く付き合うのなら臆病な性格の人が好ましいという結果が出ました。臆病なみんな、わてと一緒にガッツポーズや!

積極的にガツガツ進むいわゆるリーダータイプの人は、個性的で頼もしく見えるけれど、長く付き合う上では敬遠されがちとなってしまうようです。もちろん、短期的にはモテるんですけどね。

まぁでもこれ、なんとなく想像できますよね。カッコよくて数々の成功を収めている著名人はモテるけれど結婚となるとなかなかそういう方向に行かない、というような感じですね。家庭に落ち着くようなタイプじゃないと言いますか、そういう人ってとにかく自由にあちこち飛び回って人生を謳歌しているように見えてしまいますし、実際にそういうところがあります。異性にモテるからこそ、長く付き合うパートナーとしては「遊ばれそうだなぁ」と敬遠されてしまうんですね。

またこういう個性を発揮して結果を出していくリーダータイプの人は、個性的なあまり周りから見ると頑固なところがあり、長く付き合う上では苦労しそうだなぁと思われてしまうんですね。まぁ、わかりますよね。扱いにくいけれど超強力な暴れ馬という感じですかね。パワーが強すぎて長く一緒にいると疲れてしまうんですね。家庭的な癒しとは対極にあるイメージです。

そんな積極的な性格の人に対して、臆病な性格の人は、臆病な分、物事の進み方も慎重になり相手のことをよく観察し気遣ってくれるので評価が高くなるのです。短い関係だと十分にその優しさが発揮できずに評価は下がってしまいますが、長く付き合っていくと相手のことをよく理解してくれるので評価が上がっていくんですね。まさに大器晩成型の性格ということですね。臆病な性格の人、もう一度ガッツポーズしようぜ!

外見の魅力は長く付き合うほど影響力がなくなる

またアメリカのオークランド大学のジャスティン モジルスキ博士も、短期的な付き合いでは外見的魅力も誠実さも相手を評価する上では重要だが、長い付き合いになると外見的魅力に対する関心が薄くなり誠実さを相手により求めるようになる、とおっしゃっております。

人間同士の長い付き合いにおいては信用すること/されることが大切なんですね。そしてその信用を積み重ねるには、相手に対して誠実であり続けるということです。深い話です。深イイ話です。

相手の態度から公平性に注目しよう

また、オーストラリアのマードック大学に勤めるナガイレ ドナーギュ氏は、長い付き合いに大切なのはお互いの公平感で、どちらかが偉そうに威張ったり相手を見下したりせずに対等に付き合うことができると不満がたまらずに人間関係が長続きできると言っています。

これは恋愛関係だけでなく、会社内における上司と部下との関係でも同じです。つまりですね、上下関係なんて本当はいらないんですね。ビジネスの上でも大切なのは公平であることなんです。公平な関係が一番仕事がはかどるんです。

ですから、やたらと偉そうにする人とはとりあえず距離を取っておきましょう。我慢しても短く薄い関係で終わるだけみたいですからね。それってつまりただ単に精神衛生上よくないだけなんです。

と、パッと見ただけでもこれだけの研究が「付き合うなら見た目よりも中身だよ〜」と言っているわけです。外見に惑わされずに相手の中身を見極めて人付き合いをしていくことが人間関係の形成にとって大切なんですね。相手の外見ではなく中身を見極める方法についてはまたの機会に話していこうと思います。

長く付き合うのなら顔ではなくて性格が重視される
大胆な性格よりも慎重な性格が長い付き合いの場合には好まれる
ただし、短期的な付き合いを求められる場合には顔や外見が圧倒的に有利