スポンサーリンク

タバコは人を凶暴化させることが判明!健康に悪いだけではなかった

最近では受動喫煙防止の法律が話題になったり、とある役所ではタバコを吸ったらエレベーターに乗ってはいけないというニュースが出たりと、タバコや受動喫煙に対するネガティブな情報が多くなってきていますが、今回のお話もかなりセンシティブな内容です。とりあえず、タバコを吸う人も、嫌煙家の人も落ち着きながら読み進めてください笑。

タバコの匂いが人をイラつかせてしまう?

タバコが人を凶暴にさせるとはどういうことかというとですね、具体的にはタバコの匂いが人をイライラさせてしまうということがわかったということなのです。

アメリカのインディアナ大学のドルフ ジルマン氏は心理研究でタバコの匂いが人の心にどのような作用をもたらすのかを調べました。

実験の内容は、タバコの匂いが充満した部屋とタバコの匂いがしない部屋とを用意してそれぞれの部屋の中に被験者を入れてみたというものです。すると、タバコの匂いで満たされた部屋にいれられた被験者は、タバコの匂いがしない部屋に入れられた被験者に比べて、3倍もの怒りを感じたことがわかったのです。

3倍ってすごいですよね。目の前でなんか偉そうにタバコをスパスパ吸って説教とかをしているのなら、それを見ている方は腹が立ってしまうのもわかるのですが、匂いを嗅ぐだけでイライラしてしまうのは、タバコを吸う側にとっても吸わない側にとっても、けっこう大きな損失ですよね。何とも恐ろしい研究結果が出てしまったのであります。まぁ知ることができただけプラスと考えましょう笑。

人間が匂いに敏感な理由とは?

人間というのは匂いに意外と敏感な生き物でして、匂いを嗅ぐことで脳みそにもいろいろと生理的な影響が起こるんですね。アロマテラピーで心が落ち着いたりするのもその一種ですね。匂いというのは私たちに心理的影響をもろに与えるので重要なのです。

どうしてそこまで匂いが私たちの心への影響力が強いのかというとですね、匂いって基本的に防げないからなんですね。

例えばですけど、見た目にグロいものとか怖いものとか苦手なものが目の前にあったとしても、目を閉じたり他のところに目を背けたり手をかざして見えないようにすることって簡単にできますよね。しかしそれが匂いだとできない。緊急回避の方法として鼻をつまむことができるくらいです。それでも残り香が少し発生してしばらくの間は鼻にこびりついてしまいます。

視覚的なものだと別の対象に意識を移して感情をコントロールすることができるのですが(怖いものを見た後に安心するものを見るとか)、匂いだと、例えば臭くて強力な匂いがひとつあるとその匂いひとつに支配されてしまいやすいんですね。これは自分の苦手だったり嫌いな匂いを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。タバコ、ドリア、納豆など特徴的な匂いのあるものが苦手な人って多いですよね。

トラウマ、PTSDになるくらい匂いは心への影響力がある

あるいは、戦争体験の話で、当時の匂いがこびり付いて離れずにPTSD(トラウマっていうやつですね)になってしまうということもよくありますが、それくらい匂いに関する体験というのは私たちの心にグサッと刺さるわけです。

食べ物が腐っているかどうかの安全確認という意味でも匂いがその判別方法として使われたりしているので、匂いというのは私たちの生命に密接に関わっているんですね。そういうわけで心理的な影響力が大きかったりするのです。

しかし逆にイイ匂いですとか好きな匂い(好きな人の匂いとか)を嗅ぐと、元気になるというメリットもあるので、匂いに関して自分なりのこだわりを持っておくと自分の感情をコントロールする上で役立つと思います。

この良い匂いの効用についてはまた次の機会に話しますね!

タバコの匂いを感じるだけで人は3倍イライラしてしまう
難しい話をするときはタバコから離れよう