スポンサーリンク

DQNネームは子どもの知性に影響する?考え方次第?

SNSでコメント待ってます

子どもの名前というのは親になる人なら誰しも一度は悩む問題なのではないでしょうか? カッコいい・可愛い名前にしようだとか、素敵な芸能人・偉人と同じ名前にしようだとか、深い意味を持たせようだとか、非常用漢字を使ってオリジナリティを持たせようだとか、昔の彼・彼女の名前を避けたり、逆に同じ名前にしようとしたり笑

日本人は昔からDQNネームを子供につけていた

しかしここで気をつけておいた方がいいポイントがあります。たびたびニュースにも上がるDQNネームについてです。DQNネームというのは、難しい漢字を使っていたり特殊な漢字の読み方をしていたりひらがな・カタカナであまり聞きなれない名前にしていたりといったことですね。

「いいじゃないか、名前くらい好きにつけさせてくれやぁ」

おっしゃる通りです。そういうのは自由ですし、個人的には親と似たような名前や漢字を使う方がなんだか押し付けがましい印象を持ってしまいます。徳川家の歴代将軍の名前とかね、日本史を選択した人の中には「ややこしいわ!」って苦労した人もいるのではないでしょうか。

しかし、その一方で日本は昔から子どもにDQNネームをつけていたようです。女の子につけられる「子」というのはもともとは位の高い男性に用いられた言葉(ex.小野妹子)ですし、天皇の名前や昔話に出てくる登場人物の名前など、探せばDQNネームはよく出て来ます。ですのでこのDQNネームというのはひとつの文化とも呼べるのかもしれません。

ただ子ども本人が大きくなってから「おや? こいつはおかしいぞ?」と名前を変更したくなった場合は、しょうがないので本人の意思にまかせて変更させてあげましょう。

DQNネームをつけられた子供は知性が下がってしまう

さて、そんなDQNネームですが、実は心理学の研究では本人の知性と相関関係があると言われております。DQNネーム(あまり見慣れない名前)の子どもとそうでない子どもたちと成績を比べたところDQNネームの子どもたちの方が低かったそうなのです。

どうしてそうなったのかというと、どうやら教師の心理がそうさせたようなのです。つまり、ほとんど聞き慣れない名前や呼びにくい名前の子どもに対して無意識に心理的な距離を取ってしまっていたのですね。また子どもたちの方もそれを感じて勉強から距離を取るようになってしまうというなんとも信じがたい話ですが、名前と言うのは心理学的にはそれほど重要だということです。

例えば、企業の名前にしてもAppleなどのわかりやすい企業名の方が世間からの印象が良く、人々から好かれやすいという研究結果もあるくらいです。わかりやすいものは好かれやすいのです。そして私たちは名前からその人(や企業)のイメージを勝手に作ってしまうんですね。これがDQNネームでも起きてしまっているというわけです。

ちなみに東進ハイスクールの先生でテレビにもよく出ている林修先生も

「成績上位者の名簿の中にはDQNネームの子どもはいない」

とおっしゃっております。読みにくい名前というのは人になんだか嫌な印象を与えてしまうのです。その逆に読みやすかったり聞き慣れている名前というのは人に良い印象を与えやすいです。これは触れ合う回数が多ければ多いほど好意を抱きやすくなるという単純接触の法則の影響ですね。

個人的にはいろいろな名前があった方が多様性があっていいなぁと思うのですが、子どもの名前をつけるときにはDQNネームを避ける方が無難かもしれません。ただ私たち人間というのはちょっと外すくらいの個性を求める傾向がありますから、それくらいならいいかもしませんね。

DQNネームにも大きなメリットが存在する

しかし、

じゃあDQNネームに良い効果はないの? というと、実はこれもゼロではありません

DQNネームに代表される特殊な名前というのはカリスマ性や大きな個性を与えてくれます。つまりDQNネームということでまわりからちょっと違った対応をされ、本人としても「自分は特別なんじゃ?」と思うようになり自由で柔軟な発想ができるようになるとのことです。

面白いですよね。このように、人からどう思われるということよりも、それを自分でどう利用していくかによって私たちの人生というのは大きく変わるようです。

こういう事実を知っておくと、辛いことがあっても物事を良い方に捉えて危機を突破する勇気がもらえそうですね。

DQNネームなどわかりにくい名前は人との心理的な距離が遠くなってしまう
しかしそのぶん、特別感やカリスマ性などが付与される可能性もある