スポンサーリンク

人と仲良くなるためには絶対にやらなければいけないこと。これを飛ばして誰かと仲良くなるということはありえません

あなたが誰かと会話をしていて、なおかつ二人の間でその会話がきちんと通じているとき、実は目に見えない二人の脳内でも同じ部位が活発になりシンクロしています。また逆に二人の脳波が同調しているとき、二人の間には共通の概念が存在し、互いにそれを理解しているとも言えます。

この研究からわかることは、私たちが別の誰かと理解しあうためにはお互いに共通の概念やイメージを持つことが前提条件となるということです。あることについて、あなたが知っていても相手がそれを知らなければ二人の間ではコミュニケーションが成り立たないということです。

つまり、二人の行動の背景やそれをする信念が大きく異なっていて、なおかつ互いにそこに共通性を見い出せなければ、彼らは互いにわかり合うことはないということです。

ちょっと難しい話ですが、この原理をコミュニケーションに利用すると、「あなたがある人と仲良くなりたければ、その人とあなたとの間に共通点を見い出せ」ということになります。その共通点は過去のことでも未来のことでも現在のことでもいいのです。また、感情や信念を共有するのも効果的です。

ですのでカップルを例にするなら、二人で映画を見ることで同じ背景と概念を共有することになりそこに共通点が生まれます。映画を観終わった後、その共通点について二人で話をします。そのとき「このときはびっくりしたね」とか「ここは泣けたね」と感情を共有するとさらに仲良くなりやすくなるということです。

またこれは繰り返しになりますが、二人の間に共通点がなければ仲良くなることは理論上ありえません。ですので、仲良くなりたい人がいるのならまずはお互いの共通点を探し出すことから始めてみましょう。これは恋愛関係に限らず、あらゆる人間関係に有効な手段です。私たちは自分に似ている人、自分と近い人を好んでその人たちと一緒に過ごそうとするのです。

ちなみに些細なことを言えば、使ってる言語が同じということも立派な共通点です。ですから外国人と仲良くしようと思ったら我々はまず外国語を習い始めるのです。ただ意思疎通するだけなら今はスマホを使えばできますからね。