スポンサーリンク

日本人の10%は父親との血の繋がりはない?

最近の日本の芸能ニュースでは浮気・不倫ネタが満載ですが、こういうふうに大々的に何度もニュースに取り上げることによって社会的証明の心理が働き、統計的にも浮気・不倫の数が増えるという現象が起きます。

つまりニュース番組や新聞、雑誌、まとめサイトなどのあらゆるメディアは社会的な倫理を犠牲にして視聴率というお金を稼いでいると言えなくもありません。彼らは「こんなの、ダメだよね!」と言いながら彼らが悪徳行為と呼ぶものを助長しているという、意識してやっているとしたらなんとも心の歪んだことをやっています。

ちなみにウェルテル効果という「自殺報道をしたら自殺者の数が増える」という社会的な心理効果は有名で、法律的にも規制されるほどですので、趣味でまとめニュースサイトをやっている人はわかりませんが、各報道陣の人たちが「不倫報道したら不倫が増える」という現象を知らないはずはないでしょう。

うーん、なんとも悲しい仕事ですよね。

既婚女性も浮気してるという事実

昨今ニュースではとりわけ既婚男性の浮気が取り上げていることが多いかなと感じます。Yグチさんのことは置いておいて。

こういったニュースを見ちゃうと私たちは人ですから、どうしても「男って、ほんとにもう!」ってなっちゃいますよね笑。でも意外にも(?)既婚女性もこっそりと浮気をしているようです。しかも子供まで作っちゃって、その子を生物学的な親ではない旦那さんと大人になるまで育て上げるという男性からするとゾッとするような現実が数字としてあります。

今回のタイトルにもありますが、実は私たちの10%、1割くらいが父親と血の繋がりがなく、母親が別の男性との性交渉において生まれた命であるというのです。

ただこの数字は参考までにという感じで、地域によって開きがあるようです。

またもちろん、これは実際に本当のことを言った人たちから聞いた調査結果ですから、潜在的な異父関係というのはもっと多いでしょう。つまり、女性が嘘を突き通していたり、実は父親が違う可能性があるけれどきちんと調べずに目をつぶっているという状況を入れるともっと多くの人たちが遺伝上とは別の父親に育てられ、それを知らずに一生を終えているということです。

普通に考えるとホラーっぽい話なんですが、実はこれってけっこう昔から続いている文化というか現象のようなんです…苦笑。

ただ、内容が内容だけに研究されている数が少ないのが具体的な信憑性にかけます。

まただからこそDNA検査を徹底すべきというのも気持ち的にはなんだか違うような気がして、たとえばあなたとあなたのお父さんが今いきなり「実は親子じゃなかった」と発表されて、そこで簡単にサヨナラできるかって言ったら、まぁ難しいですよね。親子の関係って血の繋がりだけではないですし。

じゃあ子供が生まれたての場合だったらどうだ、ってなるんですけど、上の話と被りますが、本来親子関係が暴露されなければ繋がるはずだった関係がゼロになっちゃうというのも、想像するとこれは悲しいことだなぁと思います。もちろん、そのおかげで本当の父親と最初から暮らせたり新たな人間関係が作られるということも言えるのですが、「果たして、そうそううまくいくのか?」という疑問がつきまとってきますよね。

結論としては、「人を故意に傷つけるような嘘はやめましょう」ということかなと個人的には思います。他人との性交渉をパートナーに黙っていなければ、つまり相手の了承を得ているのであれば、見方によっては、他の恋愛と一緒ですからね。ちょっと関係が一般と違って特殊というだけで笑。

ということで、悪いのはやっぱり「真っ赤な嘘をつくこと」なのかなと思います。