スポンサーリンク

意志力は有限!気合いでは疲労に勝てない

SNSでコメント待ってます

実は1日のうちに使える意志力には限りがあります。お財布の中身みたいに有限なんですね。しかし私たちはそんなことは知らずに未来の自分に大きな期待をかけて計画を立てています。そのことが裏目に出て、計画に失敗したり挫折したときに「ああ、自分はなんてダメなんだ…」と落ち込んでしまいます。

これを防ぐためには、まずは“意志力は有限である”ということを覚えておくといいです。

意志力は有限なので、それを使い果たし、なくなってしまったら、私たちはだらけてしまいます。

「もう疲れたナ。。だらだら〜」という感じです。

この状態ははっきり言ってしょうがないんですね。ダンベルを100回持ち上げて「もう上がらない!」って人にあともう100回ダンベルを上げなさいと言っても意味がないのと同じです。

ですので、労働し疲れて果てた上に意志力をも使い果たした自分を責めても気分が悪くなるだけです。

いえ!もっと言うとそうして気分が悪くなるだけではなく、ありのままの自分の存在を認める気持ちや努力すればできるぞという自信の喪失にも繋がりますので、意味がないというだけではなく害悪にもなります。つまりそのときの気分だけではなく、今後の行動にも悪い影響が出てくるということです。

「あのときできなかったから今度も無理だろう」

「うまくいった試しがないから自分は無能だ」

といった感じです。しかしこうして言葉にできればまだ良い方で、自信を持てない人の多くは直感的に自分には無理だと決めつけ、それを生まれつきの性格や自分の限界点のように思い込んでしまっています。

ですので、行動できないときの理由として「自分はダメなんだ」と自身を叱りつけるのではなく、「働いた(行動した)後だから今は意志力がカラッポなのかもしれない」と考えると少なくとも自分を否定することはなくなります。

こうしてまずは自分を否定してしまう行動をなくしておけば元気のあるとき、つまり意志力が存分に溜まっているときにもダラけることなくポジティブな思考で少しずつ行動できるようになっていきます。

意志力は有限!気合いでは疲労に勝てない
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず