不安なことがある?当たらなければ、どうということはない

不安なことがある?当たらなければ、どうということはない

オイコラオイコラという感じで部屋の角っこの方へ突き詰めていくと、不安というのはただのひとつの未来予測だということがわかります。 恋愛を例にとってみると、「彼女に告白したらフラれるかもしれない」というのがひとつの悲観的な未来予測ですね。ということは、 「彼女に告白したらそのままホテルに担ぎ込まれるかもしれない」というのもひとつの明るい未来予測です。

悩んでいるということは知識が不足しているサイン

悩んでいるということは知識が不足しているサイン

悩んでいるということは知識が不足しているサインである。 誰でも思い悩んで、長い時間をかけたのにもかかわらず結局は何の解決法も答えも見つからないまま、眠たくなって落ちる、ということを経験したことがあると思う。そんなことは一度もないという人はただそのことを忘れているだけだろう。 悩んだときの記憶を思い出して欲しい。それは決して心地のいい体験ではないけれど、そうすることで悩むことに意味がないということは理解できると思う。

やる気が出なくても大丈夫!簡単に出せるようになるよ!:てんぱ心理相談

やる気が出なくても大丈夫!簡単に出せるようになるよ!:てんぱ心理相談

こんちゃ! ちょっぺ〜です。この前友達と会ったときにこんな相談を受けました。 最近、何をするにもやる気が出ないんだ。 というもの。 誰でも「何だか今日はやる気が起きないなあ」という気持ちを感じた経験はあると思います。また、そんなときでも何とかしてやる気をうまくコントロールできたらと思ったこともけっこう多いかと思います。 神経科学的な観点から見ると、やる気が出ないのは人の意欲に大きな影響を与える脳内の報酬物質が適切なときに放出されていないということ。単なるやる気という気持ちの問題ではなく、脳内のやる気ホルモンが分泌されていないので、「行動できたら良いな」と頭の片隅では思えても、やる気が出ない。 これを解決するには、やる気に影響を与える脳内物質を出しまくればいい、ということになります。

「考えない」というのは、わりと最強の思考法じゃないですか?

「考えない」というのは、わりと最強の思考法じゃないですか?

やばい。「わりと最強」と言っている時点で頭悪そうに見えるw 誰にも読んでもらえない気がする泣(みんな、読んであげてね!) 多くの人が経験したことある「やろうと思っているんだけどできていない」状態から抜け出す方法についてなんですけど、これは超簡単で(個人談)そもそもやり...

【メンタリズム】友達との会話に使える初歩的ホットリーディング

【メンタリズム】友達との会話に使える初歩的ホットリーディング

どうもこんちは、ちょっぺ〜です。今回はホットリーディングについて。  先日友人と話していると占いの話になったのですが、その友人は占いのことをあまり信じておらず、時間の無駄だと言う。うん、たしかに一部の人にはまったくの無駄なことかもしれないけれど、占いというのは当たるも八卦当たらぬも八卦と、半分は趣味みたいに楽しむようなものなのかなと思います。まぁ、実際に困り果てて占い師に相談する人もいるけれどね。

『ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞』茂木 健一郎【学術書レビュー】

『ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞』茂木 健一郎【学術書レビュー】

『ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞』茂木 健一郎 著を読んでみました。  「ひらめきの導火線」っていうタイトルがカッコいいですね。 ・別々の個性が交差することで新しいものが生まれる ・小さな改善の繰り返しが、大きな変化を生み出す ・「ストレスが体に悪い」は思い込み

色の魔法で毎日を楽しく過ごそう『色彩心理学でココロを読み解く心理学練習帳』 【学術書 要約】

色の魔法で毎日を楽しく過ごそう『色彩心理学でココロを読み解く心理学練習帳』 【学術書 要約】

『色彩心理学でココロを読み解く心理学練習帳』 渡辺 洋子 著を読んでみました。女性目線で書かれた、女性のための色彩心理学の入門書といった感じで、恋愛やカラーコーディネートの心理など女性にとって興味深いトピックを中心に扱っているようですね。 ・そのときの好みの色と人の心理状態には関連性がある ・そのとき好みでなくても、意識的に色を取り入れることで心理状態に影響を与えることができる ・あらゆる場面で色を意識することでプライベート、ビジネスの問題解決に繋がる

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

『なぜかまわりに助けられる人の心理術』メンタリスト Daigo 著は、人の助けをもらいたいときに役立つ本だ。うまく人にものを頼む方法や不必要な仕事量を減らすコツ以外に、対人関係のコミュニケーション問題の解決法を示してくれているので、人間関係に悩んでいる人におすすめ。 今回は学術書 要約の第2回目で、心理学・メンタリズムの話をいくつかしていく。

NO IMAGE

なぜかまわりに助けられる人の心理術:メンタリスト Daigo

『なぜかまわりに助けられる人の心理術』メンタリスト Daigo 著は、人の助けをもらいたいときに役立つ本だ。うまく人にものを頼む方法や不必要な仕事量を減らすコツ以外に、対人関係のコミュニケーション問題の解決法を示してくれているので、人間関係に悩んでいる人におすすめ。 今回は学術書 要約の第2回目で、心理学・メンタリズムの話をいくつかしていく。