スポンサーリンク

仕事と遊びに違いはない。人に好かれることすらどうでもいい。生きてるだけで丸儲け。

仕事の話だけど、基本的に仕事と遊びって一緒なんですね。どちらもただの作業。それを人間が勝手に頭の中で「こうしたら仕事だ。こうしたら遊びだ」って定義してる。そしてたまにそのことをさも正しいことのように主張してる人もいる。人を幸せにしたら仕事で、自分を幸せにするのが遊びだ、とかね。

でも、そういうの本当にどうでもいい。くだらない。視点を変えれば、あらゆる作業は誰かのためになっているし自分のためにもなっている。だから仕事だ、遊びだ、というジャンル分けは意味がない。ましてやそういう自分の中にある勝手な思い込みをまわりの人に押し付けるのは毒を巻き散らかすのと一緒です。仕事だ遊びだっていう定義づけは自分のやってることを正当化する作業でしかないんですね。

よく、「仕事だからちゃんとしろ」って言う人いるけど、むしろ仕事じゃない時の方が大切でしょう?誰にとっても。家族とか好きな人とか友達とかと一緒にいて、そういう相手を思いやることの方が大切でしょう?つまり、あらゆる行動における大切な基準というのは何をしてるかではなく、誰に向けてるか、誰の方を向いてやってるかってことなんですね。

そういう意味で、仕事と恋愛は一緒です。僕の場合、仕事をしてるとドキがムネムネするのですが、これは不整脈とかではなく単純に幸せが爆発してるんですね。

そしてもうひとつ大切なこと。それは自分に向けてやってるかってこと。というか僕の感覚ではこっちの方が大事です。

ちょっと前から、僕はただ好きなことをやってるだけです。お金稼ぎとかどれだけ人に影響を与えるかどうかとか考えていない。もちろん、ゼロではないです。人の目に触れる形でやってる以上、そこには収益が発生する仕組みや誰かの人生に影響を与える要素が必ず出てきます。ここで言いたいのはそういうのは全部、好きなことという、ひとつのでっかい輪っかの中に自然と含まれていたひとつひとつの部分的な要素でしかないんですね。

ここ、説明がすごい難しいんだけど、一言で言うと好きなことし続けるなら人を幸せにし続けないと物理的に無理やで、ってことです。なんで物理的に無理なのかと言うと、人の迷惑になることばかりしてる人は世界から消されるからです。そんな人のところに人は集まってこないし人が集まらないとお金も集まらないしお金なんかあっても人がいないので何も手に入らないのです。わー、説明難しいわー。

でもね、タイトルを見たらわかるけど、人に好かれることを目的にしたら好きなことってできなくなっちゃうんですね。これ、けっこう意外だと思います。たぶん、みんなは社会だとか会社だとか自己啓発本を読んだ時とかに「人にありがとうって言われることをしなさい」みたいなことを言われてるんじゃないかと思います。もちろんこれは間違ってはいないのだけれど、さっきも言った通りそれは好きなことの一部分でなければうまく機能しないんですね。その形が崩壊しちゃうと物理的に維持できないから「あれ?好きなことやってるはずなのになんか辛いな」ってなるんです。

やべー、話長くなってきたわ〜。できたらここらで終えておきたいw

究極の例えを言うと、僕らって好きな人と一緒にいるときにいつでもオールウェイズ「この人のことを幸せにするぞっ!」なんて考えていないですよね。てかたまにしか考えないですよね、そんなこと。誕生日の時とか記念日の時とか、なんか感情的な出来事が起きた時とか。

要は好きなことをし続けるっていうのも、そんな感じです。いつもいつも誰かのこと(よくあるのが顧客)を思うんじゃなくて、記念日とか誕生日とか、ふとしたきっかけがあったときに「どうやったらこの人(たち)を幸せにできるだろう?役に立てるだろう?」って考える。ほんでそういうことを考えているときって、まぁ胸がきゅんきゅんしちゃうわけなんですよね。

っていうようなことを、お金の稼ぎ方とかブログノウハウとかのハウツー本を大量に読んでて思いました(最近キンドル読み放題に登録して1日5冊くらい読んでるので)。「あれ?おれ、ここに書かれているようなこと一切やってないけど、なぜかすげー生きてるぞ」と気づいて。

まぁ僕がただの天才なのかもしれないけれど、統計的にその可能性を省いて現実的な話をすると、僕が天才なのではなくて僕のやり方が天才のやってるそれだったということですけどね。

ですのでタイトルはちょっと言い過ぎですね。人に好かれることはどうでもいいっちゃどうでもいいけど、本当にどうでもよくなったらダメになっちゃうっていう笑。ま、人間ってそういうもんですよね。0or100では決め付けられない世界と思想の中で生きてる。つまり、適当って素晴らしい。

生きてるだけで丸儲け。

ほな、またね〜^^

●今日の音楽「蛍 / RADWIMPS」光って消えるだけで…

The following two tabs change content below.