「 心理学全般 」一覧

NO IMAGE

苦手な人を克服する方法!単純接触効果

学校でも職場でも、あるいは親族などの集まりでも、苦手な人に会うときがあると思います。ほとんどの場合、私たちは苦手な人とはあまり関わりたくないと思うので距離を取ってしまいがちですが、これだとその場に行くこと自体が嫌なストレスに変わってしまいます。そして嫌な気持ちがどんどん増幅されて...

NO IMAGE

今すぐ!病んでる状態を治すための心理学的ポイント3つ

病んでいる状態というのは、短期的な軽度のウツ状態とも言えます。もちろん誰でも失敗をすれば落ち込みます。失敗をすることはそれ自体悪いことではありませんし、一時的に落ち込んでしまうことも問題ありません。ただやはり落ちんでいる時の気分は悪いですし、そこからさらに失敗が連鎖しても困ってし...

NO IMAGE

素直に批判を受け入れるのは相手を信用している証拠

私たちは誰かに「こうしてみたら?」とか「ここがちょっと…」といったことを言われた場合、その意見に素直に従うパターンと、不貞腐れたり相手に反論して怒り出すパターンを持っています。この決め手になるものはなんだと思いますか? もちろん細かいことを言うと原因はたくさんありますが、主...

NO IMAGE

意志力は有限!気合いでは疲労に勝てない

実は1日のうちに使える意志力には限りがあります。お財布の中身みたいに有限なんですね。しかし私たちはそんなことは知らずに未来の自分に大きな期待をかけて計画を立てています。そのことが裏目に出て、計画に失敗したり挫折したときに「ああ、自分はなんてダメなんだ…」と落ち込んでしまいます。 ...

NO IMAGE

ストレスはあなたを励ましてくれる出発のサイン

ストレスを発散するということがひと昔前に流行ってしまって、多くの人はストレスと聞くと過剰に反応してしまうようになってしまったのかなと思う。ストレス=悪いものと扱われがちだけれど、バカとはさみは使いようということで、ストレスもまた使いようでプラスにもマイナスにも転じます。

NO IMAGE

実はメンタルに弱いとか強いとかいうパラメーターは存在しない

よく自分はメンタルが弱いだとか、あの人はメンタルが強いだとか言う人がいるけれど、そもそもメンタルの強弱を表すパラメーターなんてものは存在しない。ある人のメンタルが弱かったり強く見えるには必ず原因があるのだが、その原因を突き止めるのが面倒くさいからそんな言い回しをしているにすぎない...

NO IMAGE

「お前のことなんか誰も見ていないよ」自意識過剰の弱虫たちに捧ぐ

怒られて責められて、それを嘆く人がいる。迷惑をかけたから嫌われた、人に迷惑をかけている自分が嫌になった。怖くなって、同じ間違いを繰り返し、人と関わるのも自分から行動するのも嫌になる。そんな人たちに伝えたい言葉がある。 「お前のことなんか誰も見ていないんだぜ」

NO IMAGE

慣れない作業(仕事・勉強)をするときは時間配分をバカみたいに多く見積もる

新しいこと、知らない分野についての作業をする機会が僕にはまだまだ多々あります。このサイトの構築もまさにそのひとつですね。僕は文章を書くのは好きだしいつまでもやってられるけれど、それを発表する過程に落とし込む作業には大して興味がないです。

NO IMAGE

優しくできるときと優しくできないときを把握する。優しさのコントロール

優しくなりたいと思う。誰でも自分にできるかぎりは他人に優しくできたらいいなと思っているし、できるかぎりという範囲内で優しさを与えている。 人に優しくできないときは自分の精神状態が荒れていたり余裕のキャパが超えてしまっているから、とっさに優しくない行動を取ってしまう。そしてあ...

NO IMAGE

サボってしまうのは”あなた”じゃなくて”ドーパミン”のせい

サボりってなんであんなに心地良いんでしょうね。やらなきゃいけないことを放棄してどうでもいいことや娯楽に時間を費やし始めた途端に心がふっと軽くなる感じがします。でもあとになって気づくんです。「自分、なにしてん……」この瞬間は恐怖ですよね笑。そんな恐怖を和らげ、サボり癖の改善にも役立...