スポンサーリンク

ダイエットの心理学 痩せたければ友達を選ぶ

ダイエットの心理学

こんちゃ!マナー違反は私に任せろ!あかんであかんで!こと、ちょっぺ〜です。今回はダイエットの心理学「あなたが太っている原因は人付き合い?」を話していきます。

「自分の怠慢を人のせいにするな!」という声も聞こえてきそうですが、たしかにその言葉には一理あります。わたしたちはどんな場所にいようとも、誰と付き合おうとも、ある程度までは自己コントロールできます。太りやすい環境にいても太らない人はいるし、太りにくい環境にいても太ってしまう人はいます。
ここで大事なのは「太りやすい環境」と「太りにくい環境」が存在するという事実です。それを踏まえた上で環境は自分で選択すれば良いし、太るかどうかもまたそれぞれが自由に選択すればいいとわたしは思います。今日はそんな「太りやすい環境」をテーマに話していきます。


現代日本のような安全が確保された社会において、わたしたちが主に影響を受けるのは人間関係です。誰それがどうだとか、誰それは何をやったかだとか、誰それに何を言われただとか思われただとか、そういうことを心配の種じゃないですけれど、大きな行動指針のひとつとして持っています。
これはひとつには類似性というものが影響しています。わたしたちが社会生活を問題なく営むには仲が良い方がやりやすいし、相手のことを知っていた方が行動が予測しやすい。そうですよね?だからわたしたちは目の前の相手や近い相手に行動や考えを似せようとします。意識的にも、無意識的にも。
恋に落ちて好きな相手ができたとき、わたしたちが相手の趣味について努力して知ろうとするのは、このプロセスのいい例ですね。そんな具合にわたしたちは仲の良い相手や仲良くなりたい相手に近づいていきます。

そこで今回のダイエットの心理学に関係してくるのが友達関係、特に食事を一緒にともにする可能性のある友達関係です。先の例に当てはめると、友達がおすすめするものは食べてみたくなるし、何度も食事を一緒にすることで友達と食生活が似通ってきます。食べる食事の量も似通ってきます。
また、喋りながらだと食事に意識が向かないのでわたしたちはつい食べ過ぎてしまうという傾向があります。テレビとかを見ながらの場合も同じですね。わたしたちは知らないうちに食べ過ぎてしまいます。
友達と食事に行く習慣のない子どもの場合は、親の食事量に影響を受けます。

たくさんご飯を食べる人と日常的に過ごすと、あまり食べない人でも食事量の感覚が鈍ってくるんですね。
あとは友人と食事をとるとなると、外食ということになりがちだと思いますが、外食は家庭での食事と違って「食後のデザート」という概念が入りやすくなっています。家の食事で毎回デザートを食べる人はあまりいないと思いますが、外食となるとなぜかプレミア感が出てわたしたちは「食後のデザート」を食べてしまいます。
しかし、よくよく考えると食後にデザートを食べなきゃいけない決まりはないし、食べれば健康になるということもない(むしろ逆ですよね笑)。まぁ端的に言って、これは飲食業会の策略のひとつってことなんですが、それでもわたしたちが外食に行った
ときにデザートをわざわざ食べてしまうのは、共通体験を通じて連帯感を得られるからです。
「デザートおいしいね」と向かい合った相手とお喋りをするのは楽しいものです。わたしたちはデザートを食べたいという欲求というよりは「一緒にデザートを食べた体験」という欲求を満たしたいのかもしれません。

そんな感じで、よく食べる人と食事に出掛けると食事量が増えます。しかしあなたが相手に影響されるように相手もあなたに影響されます。相手の食事量を減らし、運動習慣へあなたが相手をいざなうことができれば、太っている友達との縁を切る必要は必ずしもありません。

今回のお話、みなさんはどう思いましたか?