スポンサーリンク

学習の心理学 楽しくなければ勉強じゃない

SNSでコメント待ってます

勉強が嫌いです。
どうしたらいい?

学習の心理学

よく聞く言葉なのだけれど、そもそも勉強が嫌いということはないと思います。人間の脳みそというのは何か新しいことを学ぶと喜ぶようにできていて、この機能がないと新しいことは何一つ覚えられないということになるし、そうなると新しいことどころかそもそも何も覚えられないということになり、悩みだって持つことができないし、増してや今の今まで生き残れているはずがありません。

ですので、嫌いなことがある、興味のないことがある、ということはあっても勉強自体を嫌いになるということはありえません。あなたが「自分は勉強が嫌いだ」というとき、勉強の何が嫌いか、あるいは何の勉強が嫌いかということを自分自身の中で見つける必要があります。そして、すべてはそこから始まります。

しかしたいていの場合、「勉強が嫌い」というのは「学校の勉強が嫌い」ということです。勉強自体には枠組みがなく自由ですが、学校の勉強となると話は別で、その組織の作った型にはまらない勉強は勉強とは呼んでくれません。

学校の勉強が持っている縛りの1つに科目があります。わたしたちはそれを普段は「授業」という言い方をしています。数学が嫌いだ、英語が嫌いだ、とかいうやつです。
数学の授業中に英語を勉強するとわたしたちは怒られます、なぜか。
同じように英語の勉強中に日本史を勉強しているとわたしたちは怒られます、なぜか。

多くの人はこのことを当たり前だと思っています。しかし実際はそうではありません。自分の好きなときに好きなことを学ぶ。それが勉強です。英語の時間に英語の学習を強要するのは教える側の都合でしかありません。
教師の意見としては、自分の授業の間に別の科目の教科書を開かれると心が傷つくでしょうし、そういう相手に授業外で質問をされても受け付けたくないと思うはずです。これも当たり前です。感情論であるとはいえ、人の半分は感情でできているので、こういうことが起きてしまうのは仕方がありません。

しかし学生たちの立場として物事を見れば、自分たちは勉強する義務を負っているのではなく、勉強する権利を行使して学校で勉強しているということになります。好きなことはたくさん勉強してそうではないことにはできるかぎり時間を消費しないようにするというのは、作業の効率化としては当たり前のことです。大人はみんなそうやって生きています。好きでもないのに、30歳になっても60歳になっても何かの役に立つかもしれないからと言って、いつまでも英語や理科の勉強をしている人はいません。にも関わらず子どもたちには大人たちと同じ自由を与えず、定められた科目の学習を強要しています。これはある意味、虐待です。しかもその理由が教える側の都合がいいから、というのはチャンチャラおかしい話です。だいたい今はネットがあるのだからわざわざ授業を面と向かってやる必要がないのです。

子どもたちは言葉にはできなくてもこのことを直感的に理解しています。しかし言葉では説明できないので、その違和感を埋めるために「自分は勉強が嫌いなのだ」と決めつけてしまいます。

勉強が嫌い?そんなことは大した問題ではありません。嫌いでけっこうじゃないですか。嫌いなことを無理やり好きにならなくていいし、ましてや時間をかけてまで頑張らなくてもいい。
そんなことはあなたが好きでもない人を誰かがどっかから連れてきてあなたの前で勝手に紹介し、今日からこの人と結婚して仲良く暮らしていってね、と言われて「うん、わかった!」と答えているようなものです。何時代の話ですか?今はそんなことしなくていいのです。

ただ問題があるとすれば、好きなことを犠牲にしてまで嫌いなことをやっている場合です。これは最悪です。勉強というのは好きなことや夢を叶えるためにあるのに、これでは本末転倒ですね。
これを防ぐためには嫌いなことに集中するより好きなことに意識を集中することです。人は嫌いなものに集中することなんてできないし、それでも無理してそんなことをし続けたら好きなことに集中する力すら失われてしまいます。

ですから嫌いなことはとにかく、かわす。好きなことに集中力をとっておくためには、自分の嫌いなことはなるべく生活の中から排除する努力が必要です。
ただ、「かわす」と言ってもいくつか方法があります。

1、最低限のレベルだけを維持することに集中する。(学校を例にするなら授業に出席して大人しくする、単位を確保するなど)

2、それが好きな人の力を借りる。(友達と一緒に勉強する。お金を払って誰かに代わりに作業をしてもらうなど(ただし絶対にバレてはいけないので難易度は高いし、バレたときのリスクも高い))

3、おもいきってやめる。(そもそも今の時代は学校に通わなくても高いレベルの勉強はできます。むしろその方が好きなことに集中できるので効率的です)

という感じです。

最後にもう一度言っておきますが、あなたが嫌いなのは勉強ではなく、「人に強要された、あなたにとって興味のない勉強」です。嫌いなことは適当にこなせばいいですが、好きなことを全力で学ぶ姿勢は忘れないようにしましょう。

今回のお話、みなさんはどう思いましたか?
学習の心理学 楽しくなければ勉強じゃない
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず