スポンサーリンク

瞬間集中の心理学 秒速で思考のトップギアに入れる魔法

うまく作業に集中できません涙
瞬間集中の心理学

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回は集中に関する心理学の中でも、瞬間的に集中できるようになる方法について話していこうと思います!

ぶっちゃけると、一瞬で目の前の作業に没入できる「瞬間集中」ができるかどうかは慣れです。なぜなら集中というのは意識がぶっ飛んでほぼ無意識に自分を操作している状態のことを言い、無意識を意識的に呼び出すことはできないからです。
たとえば、失恋したからと言ってすぐさま失恋相手のことを「好きじゃない」モードに意識的に切り替えられないのと一緒です。これの逆で自分の好きでもない相手を目の前にして「この人に恋をしろ、恋をしろ」と思っても恋に落ちないのと同じです。

しかし!そんなふうにして直接的に無意識をコントロールすることができなくても、科学の知識を使って間接的に無意識をコントロールすることができます。
そのポイントは、自分ルールです。


自分ルールとは、漫画『NARUTO』に出てくるロック リーの実践しているまさにあれです。人に言われるのではなく、自分で勝手に「これをしよう」と決めること。

しかし!ただ決めるだけではありません。

ロック リー(ガイ先生考案)の自分ルールのすごいところは、分岐点をつくっているところです。
ここで言う分岐点というのは、今からやる行動が「成功した場合」と「失敗した場合」を想定しておいて結果が出る前に次の行動を決めてしまうこと。これはかなり画期的な思考術です。

「成功した」→行動
「失敗した」→行動

こんなふうに結果が出る前から次の行動を決めておくで、たとえ失敗してしまったとしても、そのことでヘコんで悩んでいる時間を限りなく0に近づけることができるのです。また、成功した自分に酔いしれてサボることもありません。なぜならすでに次の予定が入っているから。

人というのは反射的に「行動しない」ための言い訳を考えてしまうものです。これは万国共通。人類共通。
しかも何かをしたあとではエネルギーも消耗しているので楽な方をより選びやすくなっています。
だからこそ行動する前で元気がありあまっている状態のときに自分ルール「机に座ったらノートを開く」「部屋に入った瞬間ノートを開く」と決めてしまうのが効果的です。

どんな状況だろうと自分のルールには従う。それが習慣になると、考える必要もなく瞬間的に集中状態に入ることができるようになります。
もちろん、それまでが辛かったりするのだけれど、辛い感覚や手を抜きたい感覚がやってきたら、「瞬間集中」が自分の習慣になろうとしている合図くらいに考えればいい。
「メキメキ!メキメキ!」という音が聞こえてきて「ああ!いま瞬間集中が癖になろうとしているんだ!」と思えることができれば勉強だろうが仕事だろうが、その作業そのものが楽しくなってきます。


今回のお話、みなさんはどう思いましたか?