スポンサーリンク

悩んでいるということは知識が不足しているサイン

SNSでコメント待ってます

悩んでいるということは知識が不足しているサイン


悩んでいるということは知識が不足しているサインである。
誰でも思い悩んで、長い時間をかけたのにもかかわらず結局は何の解決法も答えも見つからないまま、眠たくなって落ちる、ということを経験したことがあると思う。そんなことは一度もないという人はただそのことを忘れているだけだろう。
悩んだときの記憶を思い出して欲しい。それは決して心地のいい体験ではないけれど、そうすることで悩むことに意味がないということは理解できると思う。


悩んだところで結果が出ないのは、その悩み事に対する分野の知識が圧倒的に不足しているからである。決してあなた地頭が悪いわけではない。
何かついて思い悩んだら、考えることに時間をかけるのではなく、知識を集めることに時間をかけた方が効率的だ。
また、「これについて悩んできたから、今度時間を取ってちゃんと調べよう」とすることで、頭の中を悩みで一杯にしてしまうことを避けられる。
新たな知識(もしくは経験)を得ようとせずに悩み続けるのは、ポルトガル語の単語を覚えていないのにポルトガル語で書かれた本とずっとにらみ合いしているようなもの。
そういうときはポルトガル語の単語を覚えるか、調べるかするのが正しいやり方でしょう?
思い悩むということは決して悲観的なサインではなく、片足でさらに一歩成長するチャンス。
悩み事ができたら、よっしゃこれで成長できる!くらいに思ってみれば、悩みを持つことも楽しくなりますよ。
悩んでいるということは知識が不足しているただのサインなのだ。だから悩みがあったとしても、あなたは大丈夫なのだ。

今回のお話、みなさんはどう思いましたか?

悩んでいるということは知識が不足しているサイン
最後まで読んでくれてありがと!
よかったらいいねしてたまにチェックしてね^_^/

SNSでコメント待ってます

よかったら友達になろうず